嘆記
ダメ人間の日記
虫歯は治癒しない 取り返しがつかない その点で死に近い病だ

物質・精神共に、貧しい家庭に産まれると、幼いうちにあらゆる面から死に取り囲まれることになる

不幸だ


感謝しよう 歯医者さんがあること 治療を受けられるお金があること 働ける職場があること 健康であること まだ残っている歯があって、食べられることに・・・
歯医者がゴールデンウィークの休みに入ってしまう 私の休日は当然ゴールデンウィークともろかぶりしている

詰んだ

定時で帰れる職場なら土曜までに行けたのに 社畜は虫歯も治せない

ボーナスも退職金も貰えない社畜

最悪のタイミング 今日が最後のチャンスだったんだ・・・


私がやったとも限らないことで延々クレーム処理に追われてしまう しかもよりによってタチの悪いことがわかってる客にだ

行きたくない 行きたくない 

歯が痛い
虫歯を見つけてしまった 急に痛み始めたけどほっといたんだ 歯茎の際から黒くなってるのが見える 相当進行している 抜くしかないかもしれない 私の歯は銀歯のほうが多くもうガタガタだがこんなに酷い虫歯は始めてかもしれない

怖くてたまらない!とうとう入れ歯になってしまうのか まだ30代で・・・

こわいよう こわいよう・・・・・・

いつも甘いもの食べるし ジュースのむし 歯磨きもいいかげんだったから・・・

こわいよう こわいよおおおおおおおおおううううあああああああ

明日予約入れよ・・・・・ たぶん上下とも虫歯になってるよ・・・・・ こわいよお・・・・・

最近歯列矯正やホワイトニングのことが気になってたのはフラグだったのか はやく診てもらえばよかったんだあ

こんなハッキリ根が黒くなってるんだよお絶対抜くんだよおペンチでぐりぐりやって抜いちゃうんだよお痛いよ痛いよ痛い痛い痛い痛い痛い死んじゃうよお

こわいいいいいいいいいはああああああああああああ

私の歯が長持ちしないのはわかってたけど・・・ こんなはやく入れ歯・・・・・・ うううううううううううううううう
楽天オーネットの女性向け広告

最後に恋をしたのは、結婚に本気な男でした。


たいてい女性は結婚するなら恋愛をあきらめ妥協してセクシーじゃない不細工なボヤ~ッとしたマザコン気味のキモい男と平穏な家庭を築いていこうという選択をすることになりますわよね

ところが一緒に生活するにあたってひたすらボヤ~ッとしてマザコン気味な男などイライラするに決まってますわよね 特に子育てをする段になってもまだボッサーとぼんやあ~~~としてられると殺したくもなりますわよね


現実ってこんなものですわよね 結婚に夢など見られないのです

日本人女が結婚したいと思ってもマザコンロリコンのボヤ~ッとしたキモ男かモラハラ暴力男しか選択肢がないのでございます

顔に硫酸かけられた女性のニュース

あんのじょう 女が悪い ほいほいついていくから 自業自得 娼婦体質だからこんな目に遭うんでしょ などなど

男死ね 男は死ね
起きては寝て起きては寝て起きてはまた寝て夢を見る

好きな人が蜘蛛になっていて(夢の中でもちょっと疑問を感じる)、嫌いな女といっしょにトイレに落としてしばらく経ってしまった なんとか料理用の網なんかを使って救うのだがやはり溺死していて悲しくなる
こないだも同じような夢を見た こさかいかずきに趣味をバカにされてみんなの前で吊るし上げされる夢

こんなオモチャじゃなくて本物を手に入れろというふうに言われた

現実の人生への多大なる未練 いつまで続くのか だってしょうがないんだよ 私の現実は、起こってほしくないことでできているんだから すてきなこと 楽しいこと うれしいこと 起こってほしいこと そんなものは夢の中にしか存在しないんだよ

なんで私の夢にはそれがわかんないの バカなんじゃないの
夢を見た

実家で家族で食卓を囲んでいる なぜか天井が透けて見え、禍々しい色の空で大きく複雑な形の飛行機が飛んでいる そしてミサイルがこっちに向かって飛んでくる 大きな飛行機・・・違うミサイルだ!と私は叫ぶ そしてもうすべてが終わるのだ、というあきらめの気持ちでそれを待つ

ミサイルが飛んできてもみんな死ななかった ニュースでミサイルのことを報道している そして雨に打たれると病原菌に汚染されるらしい

階下が沈んでいく 皆のんきに椅子に座っている この階は最上階じゃない、ここもつぶれる、と思い、脱出しようと言い脱出する

小さな町のような巨大なマンションに避難する ここは綺麗なまま残っていて金持ちに嫉妬するがつぶれているところもあり安心する ここに留まるわけではなくまた出発するようだ 私はひとりで買い物をする なぜかカードゲームのカードを買う 貴重なお金なのにと少し後悔しまたなぜか靴下を買う 家族全員分のサイズを探す

なぜか男子になって野球をしている あーでもないこーでもないとやっている 監督は皆に欠点を克服しろというが長所をのばしたほうが良いのではないかと思う

城のようなところで暴漢?から逃げ惑う? 塩を好む妖精たち(1号、2号、3号・・・と同じ見た目のがいっぱいる)や砂糖を好む妖精たちや大人の男性が登場して助かる?

この世界は牛肉豚肉鶏肉が通貨として使えるという設定だったはずなのに塩や砂糖で都合よく解決とはどういうことか、と作者?にツッコミを入れる

電車に乗っている 住みやすい土地はどこだろう、と、引越しを考えている

家族でバスのような電車に乗っている 右隣にいる妹がおしっこをがまんできなくなったと言い漏らしてしまう 臭い 次の駅で妹だけ降りる 前の座席の母(妹が漏らしたことを知っている)が、あんた臭くない?(妹のおしっこの匂いが)と聞いてくる、わたしは匂わないよと言う 妹を置いて電車は出発してしまった

家に帰る 妹も来た みんな家に帰ってきた(父と弟の影は最初から最後までうすい)

マンションの共用部分 3階ぐらい となりの子どもたちがサッカーをしている こっちに来たボールを蹴り返し、勝手に蹴ってまずかったかな、と思う またボールがこっちへ来る 小さな男の子が遊びたいらしくそれに付き合う 男の子の姉姉妹もつき合ってくれる




なんだかこうして読むとわかりやすい夢のようだ


ミサイル・・・機能不全家族に危機を感じて実家を出た私

マンション街・・・バイトしながら一人暮らしでお金を稼いで遣う でももっとましなところへ行きたいと思っている

野球・・・男性社会で働く私

城・・・女性として生きること?

肉・・・恋愛・肉欲 リアルで体験しなきゃいけないのに妄想ですませていていいのか

電車・・・家族と完全に決別することを考える私

家族でバスのような電車・・・妹は家族から落ちこぼれとして扱われる自分のこと

で、結局実家に帰るしかない私・・・・・・・

サッカー・・・姉妹と男の子は私のきょうだい構成と同じ それに私を加え4人が仲良くしている・・・幸福なコミュニケーション・家族の可能性?



実家に帰るしかないんだよねっていう・・・・・・
なんで現実は起こってほしくないことでできているんだろう

どうしてこんなに現実は酷いことばかりなんだろう

取り返しのつかないことで一生幸せになれない

どうにもならないことで一生幸せになれない

どうして私ばかりが
人気クリエイターや実況者の動画を見てるんだが、みんな小学生からそういうことをやっていたんだそうだ

芸能界でもあるよね 小学生からの幼馴染で漫才やってますとか

やっぱり子どものころからやってないと何事も成し得ないんだよね

何でもそうだよ 別に特別なことじゃなくても 子どものころから友だちと遊んでた人は立派な学生、社会人になれるし 好きな子がいた人は立派に恋愛して結婚して子供つくれるしさ みんなそうやって、子どものころで一生が決まっちゃうんだよね


子どものころから毒親によって地蔵にされてしまったわたしは、一生地蔵なんだろうな

本当、悲しい 悲しくてたまらない 毒親で一生がダメになった 無念でならない もう死にたい 石化の呪いが解けないまま一生閉じ込められたままで息もできない 何もしゃべれないし どこへも歩いて行けない 何もできない 誰とも会えない!!

死にたい


毒親の介護用品でしかないなんて嫌だ 嫌だ 嫌だ!!!!!


もう死にたい



今日も、ネット通販依存のバカ主婦に、午前指定をすっぽかされたよ。死ねばいいのにね。

死ねよバカ主婦 死ね

どうせいつも昼過ぎまで寝てて起きれないくせにたまにはりきって起きようとして午前指定すんだよ そんで結局起きれないんだよね

ほんとバカ主婦 死ね
またイカレ客からのキチガイクレームが来週まで持ち越されるはめになった ひとつ片付いたと思ったらまたひとつだ

知らねえーよ 私のせいじゃねーし 届かないんですけどお~とか言われてもどうしようもねえんだよ どうせ失くしたんだろが

めんどくさい

ほらね 現実世界は起こってほしくないことで出来ている

1年先まで経年休暇を入れられてしまい辞められなくなった またあの年末年始の地獄の繁忙 雪の地獄を味わうのか

もう嫌だ

死ね死ね客死ね死ね死ね客死ね死ね死ね客死ね死ね死ね客死ね死ね死ね客死ね

また明日朝起きられないバカ主婦の目覚まし時計代わりにされる


子どもがうじゃうじゃいっぱいいた 気持ち悪い 蝿の卵みたい 子持ちママどももいっぱいいた 気持ち悪い 蝿みたい

爆弾落としたい なんなのあの虫どもは 殺虫剤かけたい 毎年毎年増えやがる ちょっとは減れよ 気持ち悪い虫どもよ

うじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃうじゃ・・・・・・ 虫みたいに繁殖しやがってよ ああああああああああああああ気持ち悪い

いつもやっちゃうんだよね。よりによって休みの日の前日にやらかしちゃって、休み明けにそれが発覚してて、注意されるやつね。怒られないだけマシなんだけど。

またやっちゃった。客のクレームを待つしかないパターンよ 何度も注意されたこと

いやだなって思ってることが現実になる 私の現実は、すべてが、起こってほしくないことでできている。

どうしてみんなは、起こってほしいことが起こるの?あたりまえに、生まれてから死ぬまで幸せに包まれているの?



伴侶を亡くして嘆いている人のブログをめぐっているが、なんだか・・・、妙に考え方が偏った人ばかりだ 独身者と同じくらいに

結婚こわい 家族こわい 数の魔術がすべてを支配している
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3440599?ref=video_watch_html5_marquee

こんな記事でも女叩きばかりが群がってくるぞ 死ねばいいのにこいつら
なんだか急に妄想がはかどりだしたぞ エロい妄想が もう枯れたと思ってたのに いつか漫画か何かにしてみたいと思ってメモしている 仕事中も妄想してミスをするクズ

急にはかどりだした理由として考えられるのは飲み会にいったことだ やはり人との会話は脳を活性化するのだな・・・(絶望)

飲み会 思ったよりリラックスしていられた 楽しいわけじゃないけど 班の人たちがとても優しいおかげだ 感謝せねばならない


もしこういう場を重ねて わりと普通に人と接することができるようになったとして・・・

それでも・・・ 結婚や出産してとか・・・ まともな仕事してとか・・・ そういう世間一般にはとても追いつけないし、追いつくための努力をしなきゃいけないと思うと死にたくなるんだ・・・・・・ まともな人間になるための努力とか・・・

だから底辺の沼に浸かっているんだよ・・・・・・・
趣味で奥さん病気で亡くして嘆き暮らしてる男性のブログ見てるんだけどね

その人何かと「オレに無神経な言葉をかけるのは女が多い。」「独身の奴に俺の気持ちはわからない。人を愛したことのないやつに。自分がかわいいだけの子どもに。」「独身主義の上昇志向の強い管理職の馬鹿女はこれだから大嫌いなんだー!」とか

何かと女性と独身者への当たりが強いんだよね

奥さんを愛してるというわりになぜかミソジニストなんだよね

何なんだろうねこれ

あれか 良い母親と悪い母親っていうやつ 女性像がわるいビッチとよい聖母に分裂してるやつな

少し想像してしまう 男の聖母で居続けることで、本当の自分らしくいられなくなった妻の心は知らず知らずのうちに蝕まれ、発病したのではないか

それも運命だろうけど


「俺を取り囲む世界は地獄だ。俺は孤独だ。」とかいってるけど、あなたもこの地獄の一部だよ そして私も
ニートほど社会について一言もの申したがるよな 日本はーとか 父親との関係に問題ありで現在ニート喪女はみんなそういう感じになるよな 男もだけど ひきこもりほど正しい人間、正しい生き方について語りたがるよな 喪男喪女ほど正しい恋愛について語りたがるよな・・・ そういう人いっぱいいる・・・ 私もそうだし・・・

くそダサいよな・・・

最低だな~と思ったのが、童貞が「いい男がいないと嘆いてる婚活女子は現実見ろー売れ残り同士なんだぞー謙虚になれ身の程知れ一生そのままだぞ!」とか言ってるやつ 真面目な文体の記事で

オマエは何様なんだよ 結局ただのミソジニーじゃねえか 女なら無条件に見下せると思いやがって しかもがんばって婚活にチャレンジして努力してる人をターゲットにして何もやってないでぶつぶつ言って考えてるだけで自分が偉いと錯覚してるクズが 彼女欲しいくせにナンパもせず合コンも行かねえやつが 女を顔胸若さでしか判断しない処女厨が 男を求めてるのに結婚できない女なら見下せる叩いても許されると思ってワラワラ群がってさ キモいんだよ いったいどんな身の程を知った女子だったらお前のようなキモ男を好きになると思ってんだよ いい男がいないのも当然だよな お前みたいなキモいのばっかりなんだから

二次元にハマってるほうがマシなんだよ

ひざを痛めた

Gが出た 汚部屋からゴキジェットを探しているうちに逃してしまい同居している

職場の、よく冗談を言う、明るい、必ずあいさつをする、そういう、和を大事にするタイプの人に、「ほんとうはしゃべるの?」「むかしっからしゃべんないの?」って聞かれた 死にたい 飲み会は、もう耐え忍ぶだけっていうか、どうにでもなれっていうか、どうにかなるというか、なるようにしかならないと思って、心を落ち着けていたのに、これでまた、吐き気のする恐怖がぶり返してきた

飲み会のマナー ルール 和 そういうもの 場を盛り上げること 空気を読んで発言すること 皆と交流を深め仲良くなること そういったものを求められているんだ ただ耐え忍びやり過ごすだけじゃダメなんだ

だけどどうしようもない

もういやだ こんな職場 こんな世界 こんな自分 こんな人生

人生のタイムリミットが差し迫っている もう過ぎているのかもしれない もう決まってしまう 


人間嫌い みんなみんな大嫌い 
いつものように残業して帰り夕飯を食べてすぐ寝た やっぱり朝までは寝れなかった

こわい夢を見た

夜中に大型スーパーの2階の衣料品のテナントにいる なぜか夜中に店はやっていて、今日は特別な日なんだ、長く休業してたから、正月みたいな日だから、と思う 春物コートなどを物色する それから自分が売ったジーンズに値がついていてそれを買う クリーニングに出した制服(最近リアルでスーパーの二階のクリーニング屋に出した)まで売っていて売れてしまったらまずいと思い回収しておく(買う?)

他のテナントはやってないようだ 店内は薄暗く人気も無いのだが祝祭の雰囲気を感じる 1階の食料品売り場に下りると人がたくさんいる 何かお菓子を買おうかと思う

駅から出て帰ろうとすると衣料品の袋が無いことに気づく トイレに置いてきてしまったと思い駅のトイレを探す 人がたくさんいて個室もたくさんあり入った個室も覚えておらず苦労する 協力してくれるような女の子がいる そしてここではなく、銀行のトイレに置いてきてしまったと思う

なぜかまた駅構内にいて駅員にだまされてさっきと反対側から出てしまう 商店街を通って家に帰る道がある また神社に続く道があり向かう人びと、家族連れがいる 知っているが行ったことのない神社なので行こうかと思うがやめる

銀行のトイレは駅の向かいなのだが駅に入っているような感じ?で入ると夜の暗い通路が大変怖い トイレには人がいてほっとする また個室がたくさんある 袋も見つかった

そこで女子高生2人組が私に伝言があるという 「家族が事故に遭い身体障害者になったかもしれない系の話」だという すごく動揺しつつもこの話をすでに知っている気がする こんな日に限って、と思う(私が深夜に出かけた日) 私のカバンの中にスマホは見つからずなんとかメモを見つける なぜか話をメモしなければいけないと思う 女子高生に話を聞くと、父と妹が深夜0時に一緒に外出して事故に遭ったとか 母じゃなくて少しほっとする


起きて鬱々としてた

今深夜にスーパーに行こうがどうってことないのだ 家にいたら許されないが 一人暮らしだと朝も昼も夕方も夜もすべての時間が同じだ 私の暮らし方の問題かもしれないが 実家にいたころには朝らしい朝、昼らしい昼、夕方らしい夕方、夜らしい夜があり、その情緒は全て母(とテレビ)が作っていたのだ 母が朝食を作りテレビではニュースが流れている朝 母が昼食を作りテレビでは笑っていいともが流れてる昼 母が買い物から帰りアニメなどを見る夕方 夕食を食べながらバラエティを見る夜 母が家族に起きていることを強く禁じるが隠れて深夜アニメを見る静かな夜

私は家に帰りたいんだろう 母のいる家に でも帰りたくないのだ

老後の面倒を見たくない でもいっしょにいたい 生きているうちに

困難だ 私は自分の人生が無い もう無くなってしまった 大人になれば、一人暮らしすれば、とふわふわ夢を見て、でも未来にはどこまでも続く現実があるだけだといまさら思い知ったのだ

悲しい 死にたくなる

母は私のことを昔から介護用品としか思ってない

他人への相談事は「社会に適応するにはどうしたらいいのかしら」これに限る 「社会に適応できません、適応したくありません」などと吐露すれば、袋叩きにされるのだ

皆で重たい重たい社会を共同で背負っている(つもりになっている)のだ 抜けようとする者を許すはずがない

これが日本人の絆 これが日本人の愛だ

子どものころお神輿担がされたの しんどかったな
スピリチュアルは親に虐待された人を想定してないし救えないような気がする だいたい教祖がエリートばっかなのだ

親に虐待された人は恋愛結婚出産のコンボキメてラリラリになってるかごく少数のような気がするが私のように孤独に生きている

私ほど社会に適合できない人は他に見たことないけどね 普通に職場の同僚と雑談したりとか仕事できて職場に馴染んでて友達いたりとかね

そんな人間としてあたりまえのこともできない私って何なんだろうね 社会人でも大人でも女でも人間でも無い 不気味な幽霊 存在してはいけないもの 触れてはいけないもの 

死ねば救われる


もっとポテチを買ってくるんだった チータラとかチキンとか 足りない足りない 食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい

やさしいのは食べ物とジュースとネットだけ

がんになって死ぬかもね
みんなの人生にはたからものがいっぱい詰まっている 両親 きょうだい あたたかな家庭 学校 友達 遊び 恋 就職 結婚 出産 子どもの成長 旅行・・・ たくさんの素敵な思い出が詰まっている

わたしの人生にはゴミしか詰まっていない 毒親 毒家庭 学校でひと言もしゃべれなかったこと 友だちをつくれなかったこと 失敗ばかりで教師に叱責されてばかりだったこと 恥をかいてばかりだったこと 借金して人生失敗してしまったこと 就職できなかったこと 工場 清掃 配達 みじめで苦しいばかりの労働 孤独で貧しいだけの一人暮らし 恋人もつくれなかったこと 結婚できなかったこと 毒親の介護を強要されること みじめに老いて死ぬこと

わたしの人生 ふたを開けたらゴミばかり ひとかけらも 良い思い出なんてなかったよ いつだってゴミのように扱われて ゴミのように生きてきた


鬱になってきた 許せない こんな自分 こんな人生 だけど努力する気も起こらない

もう無理だ 私の可能性は死後にしかあり得ない

わたしが、みじめな両親からみじめさの化身として産まれみじめな人生を送る運命を背負った自分でなくなること 死ぬこと

一生滑稽な自己憐憫に浸っている 死後だって 私だけ花束をもらえないかもしれない いつも疎外されている 祝福されない 心の専門家にすら鞭打たれる

それでも死後に救いを求めるしかない
どうせ私はダメなんだ 毒親で そういう運命 ダメな人生で

それを受け入れたい どうせ努力できないし

ダメダメなつらく苦しく孤独で異常なゴミのような暮らし 仕事できず友人恋人おらず貧乏で汚部屋で食事も睡眠もボロボロで 世間から見ればクズの暮らし ひとつも楽しい思い出もなく死んでいく人生 でもわたしはそれがふつうで それはしょうがないんだ

そのなかでお菓子食べたりネットで動画見たり 休みの日に眠り込んだり ささやかな幸せがあればいい

自分を許したい
眠れない 眠れない 眠りたくない

さっさと薬を飲めばよかった


https://www.kokoro-ashiya.com/dissociation/childhood-trauma/

むやみに親の肩を持たず長いものに媚を売らず弱い立場にある患者に厳しい言葉を投げつけることに酔いしれない専門家というのは本当に本当にめずらしい

子どものトラウマとか発達障害の話になると毒母の肥大したエゴと自己愛、自己弁護ばかりを目にする・・・ ほんと母親という生物きらい いつもアタシアタシアタシアタシアタシアタシ アタシわるくないオマエ(子ども)がわるい 強いもの(夫、親)にはヘコヘコ腰巾着、弱者(子ども)にはどこまでも冷酷、残酷、人間扱いしない そんなバケモノ 女は子どもを産むとみんなああなるのか?


カウンセリングやセラピー、または人生での出会いや経験、努力によって良い人生を歩めるのは毒親被害者の数%なんだろうと思う 私は大多数の挫折者 一生を被害者として過ごすんだな

こうやって被害者ぶって自己責任を負わないからダメなんだろうね

死にたい


明日仕事に行きたくない つらい
海外旅行へ行った人が、「この国の人びとは日本人が忘れてしまった心を持っている(絆だの暖かさだのつながりだのなんだの)」なんて感想を抱いていると日本嫌いの日本人の私でもちょっと鼻白む

「この国」で女性や子どもや犯罪の被害者や障害者が理不尽な暴力にさらされている闇が観光客、異邦人には見えないのだろうと思う

男様にとっては痴漢も強姦も暴行も正義、すべて女が悪い、女のせい、だ

「絆」とはこういうものだ

「オレラ男どうしだよな」とニヤニヤゲラゲラ笑いながら集団で女を踏みつけにして殺す ただそれだけだ

みんな嫌いだ 男も 子を産む女も 世の女の大多数のファザコン女どもも 子どもを愛せない母親も 家父長の立場にあぐらかいた醜い愚鈍な父親も 子どもも 大人も 老人も みんな嫌いだ
一生毒親の犠牲にされた子どもとして犠牲にされた人生を生きるのはいやだ

だけどそんな悲劇のヒロインの立場に浸っているのが楽なんだ

このままじゃやばいから努力しよう、じゃなくて、このままじゃやばい、どうせダメなんだ、かわいそうなわたし、に、いつもなってしまう そしてそんな自分を変えようと本気で思うことも無い

死にたい 結局これ
わたしの「死にたい」は、「考えること、選択すること、努力すること、人生の責任から逃げたい」というだけのことだ

なんてくだらない人間なんだろう なんて生きる価値のない人間なんだろう ひとと関われないんだから、人間ですらない

悔いのない人生にするために努力を始めなきゃいけないのに、もうこんな年齢で、時間も無いのに。

人並みに幸せになりたい→人並みの能力が無い→人並みになれるようにがんばる→幸せになる

こうしなきゃいけないのに

人並みに幸せになりたい→人並みの能力が無い→親のせい→人生終了→死にたい

これが現実

クズだよ


部屋の片付けすらできない現実


やたら体が暑い 冷房を真夏並みにかけて寝る ダメすぎる・・・


家具を増やしすぎて捨てられなくなった ベッドとテーブルだけの部屋にしたい・・・ ソファとか机は狭い部屋に置くものじゃないわ・・・ その前にまずゴミすら捨てられない・・・ 連休があって今度こそやろうと思っても寝て終わってしまう・・・・・・

しんどい・・・ 


今日も1日寝たきりだった。

救いがなさすぎる。

悲しい。
職場の飲み会に参加するのは、お金を払って売春するのと同じことだ。

許さない。
死にたい 死にたい 死にたい 死にたい 死にたい 死にたい

職場 つらい 労働 つらい 人生 つらい 人間 つらい

死にたい 死にたい 死にたい 死にたい 死にたい
仕事を放り出して家に風呂に入りに行くという夢を見た とんでもないことをしているのに、それでも私は、外は雨が降っているし、仕事が大変だから、風呂に入りに帰るしかないという気持ちだった

1日寝てた しんどい 体も心もしんどい 人生を考え 過去 未来 人間 死にたい とても死にたい

むしゃくしゃしたのでドーナツを揚げようとホットケーキミックスを買ってきたが卵を買うのを忘れた・・・ 明日だな 揚げたてドーナツはとてもうまい 健康とか体重とかもう知るか


死にたい