FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
今日は夜ツタヤに行けて満足した 自転車こわいので歩いて行ったが思ったより遠くなくコミック20冊も重くなかった 夜の散歩も心地よかった

マッサージも予約した お金かかるしおっくうだけど いつもと違うことをしてリフレッシュするのは大事だ やりたいことをやってみるのは また恥かいたりして黒歴史増えると落ち込むけど・・・

今日は暑かった のどに絡みつくような熱気 顔と首を炙る午後3時の日射 イライラしすぎてキレそうだった 寝不足のせいもあるかもしれない 台風も来るそうな つらい 

痴漢のニュースで「日本の女は甘やかされすぎ!」とかいうコメントまた見てしまった 

犯罪のニュースが「女叩き用コンテンツ」として成立する美しい国ニポン 地震か原爆で全土沈めば良いのに

でも考えてみたら今はそういう底辺の見た目も中身も醜く能力も無いキモい男はもう結婚できないのだ ゴミのような遺伝子は淘汰され、私のように糞父親を持つ不幸な娘も生まれないのだ 良かった良かった 女児に襲い掛かったり女に暴力ふるったりしなきゃね たぶんほとんどのネット弁慶はそういうことしないだろうけど60代ぐらいになっていよいよ孤独死が見えてきたら犯罪に走りそう 自分は「男」なんだからいい女(若くて芸能人以上に美人で巨乳で性格良くて家庭的で貞淑な処女)が与えられて当然とナチュラルに思ってる 脳の構造どうなっとるの 昆虫大しかないんじゃないの

電車男とエルメスたんの恋を応援したあの牧歌的な時代は二度とは帰ってこない もうここ10年以上、「結婚を焦ってるアラサーのかのじょを振った(年下の若い女と付き合った)結果wwwwwww という全く同じ内容の嘘松スレをたぶん何百何千何万と立ててはずっと盛り上がり続けているぞ いったいどこの惑星から来た何という生物なんだ 害虫

キャリアウーマンと子持ち主婦って権力志向が同じ

ロッカーで新人の悪口で盛り上がる子持ち主婦たちこわい マシンガントークの主婦こわい

会話って苦痛 空気呼んで当たり障りのない言葉を脳内で検索してすばやく反応しなければ 表情と声音もつくって媚びねば 人間のふりをせねば

飲み会とか出るぐらいなら下剤飲んでトイレにこもって腹痛に苦しむ罰ゲーム受けるほうが100倍マシ
カトリック思想で中絶禁止の国で強姦された少女が出産中に死んだそうです どうせ男性様()はこんな惨いニュースを聞いても「オレタチおとこなかま」をかばいだてして女叩き・被害者叩きをすることしか頭にないんでしょ 死ねばいいのにね

また忘れられない鬱ニュースコレクションが増えた 強姦された12歳の子にまで出産させたそうです こっちは生きてたそうだけど・・・

もう男死ねって1億回は思ってる 人類滅べな 男死ねニュースコレクションが100はある 親死ねニュースコレクションが80はある

しかしそんなこといっても男は死なないし暴行やめないし人類滅ばないので自分のこれまでの平和な暮らしに感謝しよう・・・ そうするしかない 鬱ニュースをコレクションするのをやめてかわいい猫なり洋服なり見たらいいのに鬱ニュースコレクションやめられない コンクリ殺人がトラウマ 本当男死ねよな イエスキリストあと一兆回は死ね

でもどうにもならないんだ いくら私が心を痛めても ただただ、まずは自分の幸せだけを考えるんだ おいしいもの食べておふろにはいっておふとんで寝るんだ 学校に通えて親に養われてきて大人になったら仕事があって望まない結婚や出産を強要されることもなく 発展途上国の人びとの願う幸せ それがそのまま私の不幸になった そんな自分を少しでも幸せに すこしだけでも それが役目だ

何も無い人生をただ生きる そういう宿命だってあるんだ

ネットもなかったらここまで鬱にならなかったかも いやもっと鬱だったかも 私と同じような苦しみ抱えてる人だって見つからなかった 毒にも薬にもなりすぎる
生活つらいでぐぐったら「結婚生活」ばかりだった

たぶん期待が大きい分落胆も大きいんだろうな あと人間権力を持つと傲慢になるからお互い性格悪くなってしんどくなったりするんだろうな 家父長様と子持ち主婦様の地獄絵図 子どもは犠牲に

人生や自分や現実に期待さえしなければ、つらくならないんだよ 期待を消し去る方法あったら教えて そんなことより自殺のほうが簡単かも あんがいイケるかも 人間あんがい簡単に死ぬかも そんなに心配することないかも
夜寝る前に「交通事故を起こすのでは」という不安に陥りぶつかるイメージが浮かんでくるのが止められず恐怖で眠れなくなる 運手中は平気なのに もう仕事やめたい もういやだ 生まれてから死ぬまで我慢ばかり 我慢して学校 我慢して仕事 我慢して家 今度は我慢して介護かよ

普通に幸せになれる人がうらやましくて死にたい 普通に暮らせる人がうらやましくて死にたい 底辺の親なんかから生まれて底辺の人生我慢大会したくなかった 勝ちのない我慢大会 参加賞のえんぴついらないよ
今日も仕事ができなかった 人に迷惑をかけたので疲れた 迷惑をかけられた方も疲れた 私が生きているとみんな疲れるだけ 自殺ができる人は偉いと思う

整形シンデレラっていう ブスで虐げられてるOLが整形で美人になって周りを見返すっていう漫画を読んだ
http://www.cmoa.jp/bib/speedreader/speed.html?cid=0000145097_jp_0001&u0=1&u1=0&rurl=https%3A%2F%2Fwww.cmoa.jp%2Ftitle%2F145097%2Fvol%2F1%2F

ヒロインが容姿コンプレックスを抱えつつも真面目でさっぱりした性格で展開もサクサクなので読みやすかった 職場に同じ名前の美人がいて自分が呼ばれたと勘違いして返事しちゃうとか、父親に「親からもらった体を!」と言われるとか イケメンのブスへの辛辣さや美人のナチュラルな無神経さとか 身につまされるようなエピソードも良かった

しかしヒロインの整形前の顔が私と似ている まるでセクシーじゃないでかいホクロが顔まわりに点在してるとことか 目と眉の間が広くまぶたがのっぺりした三白眼で団子鼻で締まりのない口元に下膨れの輪郭っていう 暗い性格のブスってみんなこうなんですかね・・・ つらい 本当ならここまでいじめられるほどのブスか 私は容姿以外も全てが終わってるのでいちいちツッコまれないんだろうなはははは

痩せさえすればとか整形してきれいになればとかお金さえあればとか・・・ 希望持てる人がうらやましいわ 私は全てが終わっている・・・ 死んで来世に期待したほうが早いレベル

明けない夜があれば 朝起きなくていい ずっと寝てていいし ずっと起きててもいい なぜ朝が来てしまうのか

世界の全てが月曜日 日曜日は死の彼方だ
何年ぶりかでマッサージに行こうかと思ったら休業日 でも行かずにすんでホッとした 無駄毛処理したり予約取ったりするのめんどうだもの ツタヤに行ってコミックレンタルしてこようかと思ったが雨が降ってきたのでやめた また行かずにすんでホッとした 何借りようか迷って決められないのしんどいもの

そんなことばっかりで引きこもりになる 家と職場の往復で死にたくなってくる 食べるしか楽しみがなくなり1日の充実感がなくただただ疲労・徒労感・怒り・恨み・憎しみ・孤独・悲しみ・不安・恐怖を抱えさっさと寝ればまだいいものを夜更かしばかりになってしまう

そして何年も何十年も経って人生が終わってしまった 風呂に入るのめんどうだ でもあちこちかゆくて眠れなくなるから入らなきゃ・・・ 明日になるの嫌だけど仕事をがんばらなきゃいけないから寝なきゃ・・・ 死ねるスイッチあったら押す 連打する 明日をがんばらなくていいなら死ぬ 暑いのがほんとつらい・・・ しんどい 
今日も仕事ができなかった 職場にいるとやることがいっぱいあってわけがわからない 人がいっぱいいて圧迫感 暗く黒い蛍光灯 立体がいっぱい 人間の人間がいっぱい

こんなこと言うとすぐ「発達障害ガー!」ってわめいてくるバカいるよな 死ねばいいのに
200万円貯めればスイスで安楽死できるそうな

このまま老いて死んでいくだけなら そんな夢を見るのも良いかもしれない 私には、正社員になるだとか、結婚するとか、マンション買うとか そんなのは無理だった 何もかもが駄目だった 人生は失敗でしかなかった

ただやっぱり病苦じゃないと認められないのかな 言葉もわからないし ただ安楽に死ぬためにそこまでやるのかよ・・・ わたわたしちゃうよなあ ひとりで外国なんて・・・ 外人に囲まれて・・・ 手続きして・・・ わちゃわちゃしながら死なせてもらうんか なんか私の思ってる安楽死とは違うんぞ・・・

あれよ VRと組み合わせて 良い夢を見ながら 好きな二次元キャラに天国に連れてってもらうとか うとうと~っと気持ちよく眠るように そんなのがいいな

そんな未来がいつか来るかもしれない 私が死ぬまでには、無理かな・・・
今日も仕事ができなかった 恥ずかしい ごめんなさい

やっと土曜が終わって寝たら月曜になってしまった 洗濯もできなかった 夜マックに行ったら中学生がいて英語の参考書とか持ってた 駅から出てくる人々は皆、良い1日を過ごしたであろう顔をしていた

突然の雷 雨

明日が怖い 職場が怖い 世界が怖い また寝るのを先延ばしにして寝不足になって余計仕事ができなくなってまた職場が怖くなる

明日が怖い 寝るのが怖い 朝が来なければいいのに
今日は失敗ばかりだったなあ、私のほかにも失敗ばかりの人がいたらいいなあ、と思ってまた検索すると、「失敗ばかりの人の5つの特徴」「10の特徴」「成功する人と失敗ばかりの人の違い」「原因と対処法」「対策」みたいな記事がずらっと並んで死にたくなるぞ

ライフファッカーは死ね
世界が二つに分かれている

ひとつはテレビの世界 いい男といい女がロマンチックな恋愛をする世界 少年少女が戦い世界を救う世界 いい服やいい家やいい乗り物 おしゃれな都会 美しい田舎 暖かな家族 おいしい食べ物 流行の音楽 学校のみんなが見ているもの キラキラしてきれいでかっこいいもの 結婚とウエディングドレスとディズニーと

それは男と女がセックスをする世界 いい女をめぐって男が争う世界 女が男にカネで買われる世界

カネと暴力とセックスの世界 それが健常者の世界 虚栄の国


もうひとつの世界 障害者福祉の世界

知的障害児のほかほかうんちでにぎったおにぎりをあおぞらとたいようのしたみんなでにこにこほくほくたべるせかい

母と息子の近親相姦によって成り立ち娘が生贄にされる世界

息子のちんちんを隠蔽する代わりに知的障害児ママたちがパンツ一丁でおっぱい相撲を取る世界

人の形をした肉塊の世界 生殖の禁忌を犯した魔女たちの国


私は知的障害児の姉だ あさましく愚かな母が男児欲しさに欲張って回したガチャの結果

機能不全家族の娘にありがちな、ポニョ、おちんちんだ~いすき!ママ、きらい!だからおとこのこほちいのお~!!ってやつ ありがちすぎてうんざりする 祖母も同じ糞まんこだし モテない娼婦ってみじめすぎわろす


そういうわけで私はセックスの国へのチケットを持たない ブスだし

でも愛のうんちの福祉の国は臭くて汚いから嫌だ

それでもどちらかを選ばなければいけない だけどどちらを選んだとしても後ろ指をさされてしまう だからどちらも選べず独りになった

重度の優柔不断 私には勇気がなかった


 「世間のヘンケンが社会の無理解ガー!!ウチのムチュコタンは天使なのにい!!」と自己陶酔しながら、私には学校と言う社会に適応し世間様に恥ずかしくないようにしろと言った母 本当は誰よりも息子を恥じ隠蔽したがっているのに それを私になすりつけて 自分はヘコヘコ迎合するご近所づきあい 似たような貧乏ママとのつきあい でも向こうは健常息子二人で勝ち組

障害児ママのドラマに養護学校のママたちと集団で酔いしれ私に「大変な母を支える長女」あるいは「悪役」を押し付け自分の書いたシナリオに延々付き合わせる母 

ハハオヤはウチの天使のムチュコタンはエロと無縁の無垢な存在と思いたがる だがいつも風呂の向かいのトイレにこもってドアを開けて私の裸をのぞきに来て興奮してた弟 言葉すら話せないくせに それを おねえちゃんはお年頃だからあ~^^ とゴマカし娘のせいにする母 とうとう私の手をつかんで自分のパンツに入れたり知らないお姉さんの尻を触りに行く弟 私も他の障害者から痴漢されたことがあるし「年頃」なのに養護学校の旅行につき合わされ障害男と同じ風呂に入らされた

どんなことがあっても「愛の障害者福祉」を盾に取られれば必ずこちらが悪者にされてしまう仕組み

それでも人が障害者差別をしているとつらくなる 私が一番差別しているのに 障害者施設建設反対の旗がマンションにあったりして

私は決して差別を辞めることはできない ゴキブリは気持ち悪い 自分がほとんど障害者みたいなものという現実は直視できない


糞の煮詰まった遺伝子を絶やす使命さえ全うすれば親の介護はしなくて良いね
きょうは仕事ができなさすぎてひどかった いつもと違うことやめんどくさいことがやけに重なって頭が混乱してしまい、いつも以上に迷ってる時間が長くなってしまい、遅くなってしまった

遅くなったおかげで帰り道に遠花火が見れたけど 何年ぶりだろう きれいだった 来世では浴衣を着て好きな人と見たいものだが どうせ来世も喪 それかゴキブリかも 悲しみ 見たかった生放送のタイムシフト期限は間に合わなくなってしまった・・・ 悲しみ

今週はずっと3~4時間しか寝ず暑さと気圧の落差も疲れもうつも妄想癖もひどくちょうど生理の一番ぼーっとする時期 本当に今日は発達障害具合がやばくコミュニケーションに失敗してばかりで恥ずかしくて死にたい 迷惑かけすぎて死にたい お荷物すぎて死にたい みんなが大人なら私だけ幼稚園児 能力が無いだけでなく性格も悪く見た目も犯罪者でしかない





人類を絶滅させる方法を検索し始める たぶん一週間後には自殺の方法を検索し始めている
部屋の ライトが当たってるとこに ゆうべ 大きめの何かの影がゆっくりと横切ったんだが 何がどこにいるのか汚部屋すぎて発見できないし怖くて確認できませんでした 蜘蛛か? こわい
人間は権力を持つと思いやりを失う

男性は生まれながらに男という名の権力を握っているので最初から心が欠けている

それを女が埋めてやりたいと思って結婚すると男は家父長という権力の上にあぐらをかくようになり最後の心のかけらを永遠に失う

たとえば共働きなのに妻に家事を全て押し付けておいて偉そうにふんぞりかえる 妻が風邪をひいて寝込んでいるときに「オレのめしは?」と言うなど もし看病したとしてもそこに真心はすでに無い ただ怒られたくないがために規範に従属するだけのモノ あぐらより正座のほうがたちが悪い 足がしびれて転ぶしイライラして人に八つ当たりするからだ

女も結婚すると独身者を見下すようになり子どもを産めば子のない女を見下し母親という権力の上にあぐらをかき子どもを支配・コントロールする 家父長が「女・子ども」にやるのと同じように

女にも子どもを産まずとも人食い肉便器という名の権力があるが これは期限付き

しかし最も醜いのは孤独なブスのババアが己の性格や能力や容姿を誇り他人をこきおろすさまですね

女叩きブス男のほうがひどいか

私だってひどいものだ サディズムにも 人をモノとしか見ておらず自分の都合しか考えてないのも人を利用するのも保身のために嘘をつくのも全て身に覚えがある

ゲンジツはひどいものだ やさしい世界の夢を見よう


お金を貯めておかなきゃ・・・ 毒親が介護を強要してきたら失踪したい それが間違いだとしても

でも無理かもしれない・・・ そしたらもうアマゾンでヘリウムガス買って吸って死ぬ それがきっと幸せ 痴呆老人介護の苦労なんか味わうより死んだほうが幸せじゃないか

そしてきっと娑婆で労働するより死んだほうがずっとマシなのだ 学校に行くより死んだほうがずっとマシ 自殺は早ければ早いほど良いものだが 優柔不断で還暦まで行くかもしれない・・・

行きたくない学校行かされて やりたくない仕事やらされて 帰りたくない家に帰らされて やりたくない自分をやらされて ゲンジツ・ジンセイってそれだけ ただの強制収容所 

豚肉ぐらい食わせろや
現実世界が陰惨極まりない世界だと知ってしまってから陰惨なエンターテイメント作品が楽しめなくなった ホラー映画とか 闇金ウシジマ君みたいなのも しかしプリンセスメゾンのほうが鬱だった 若いころは本当に無知だった それで幸せということも決してなく今よりずっと辛かったけど

鬱ニュース記事は読んでしまう・・・
詰みが見えている千日手なんておかしい

詰んでいるのに「まいりました」と言っていつまでも自殺しないのはマナー違反 ルール違反 お前邪魔だ場所を取るなよ 仕事できない奴は辞めろ ごくつぶしは死ね 迷惑だから死ね

自殺がもっとポピュラーになって手軽にできるようになれば救われる人もそりゃあ多いだろうな 自殺する人は偉い 別に偉くなりたくて自殺するわけじゃなかろうが


嫌なこと思い出した

小学校のころクラスの一人の男子がいけてる女子グループのひとりに「きのうと同じ服着てる」とかなんとか言ったんだって それでなぜか体育の時間校庭でクラス全員で担任が監視するなかその男子をぐるっと丸く囲んで詰めるという理不尽極まりないイベントが発生して 私はなんかおかしいと思いながら同調圧力でその場から動くことができずにみんなといっしょに囲んで 派手女子どもは「あやまれあやまれちゃんとあやまれちゃんと心をこめてあやまれよ何が悪かったかわかってんのかよ」「○○ちゃんは傷ついたんだよお!?」って執拗に長時間いつまでも詰めて いつも毒母が私にやるのと同じことを 私が寒さでガチガチ歯を鳴らしてたらいつも意地悪な女子が何か上着かなんかくれて それを後日スイーツ女担任が保護者も読む学級通信のプリントに美談に仕立て上げて書いてて

学校って そういうところです

母親は「学校は行かなきゃダメ」「夜は寝なきゃダメ」「1日3食食べなきゃダメ」「牛乳を飲まなきゃダメ」「平均点を取らなきゃダメ」「みんなと仲良くしなきゃダメ」「家事を手伝え」「お姉ちゃんなんだから」「ダメでしょ」などと繰り返すロボットです しょっちゅう爆発します 私の人格を攻撃する文言も捨て台詞もいつも同じ 醜い怒り顔も声も 正座させるのも同じ いつも同じだからいつもうんざりする

父親は爆発するだけの存在です 毎日こいつが帰ってこなきゃどれほどいいかと思っていました


私が生まれたのは親のせいとは限らない あの親から生まれてなかったら別の似たような酷い家の別の子に生まれてたのかも そのへんの仕組みは謎だから

全部が運命ならしょうがない

もう一番いいエンドが自殺とわかってしまった
「出産しないなんてワガママ」って、「みんなガマンしてお国のために自分を犠牲にして出産してるのに、お前だけ好き勝手で出産しないなんてワガママ」ってニュアンスに聞こえますけど・・・

みんな我慢してやってたのか・・・ お国のために・・・!?税金や年金払わすために!?結婚出産を目指す女性達はあんなにも自分の欲望に貪欲に見えるのに? 貪欲な欲望を叶えた人が他人に自分と同じ欲望を持つことを強要することがあるのはなぜなんだろう まさか税金や年金のため・・・!?

金持ちが「お前が金持ちになろうと努力せずに貧乏でいるのはワガママ」って言う?

言う人もおるな・・・

私には何もかも無縁の話だ 最初から女の数にも人間の数にも入っていない ただの介護道具 税金を搾り取られるだけの存在 本当は数に入れて欲しいのかもしれない 本当は? 本当に?

こんなこと考えていてもろくな答えは出ない きっとえらいだれかの言うとおり好きなことをやるのが一番 だけどもう元気が出ない

全方位詰み
自分の平和に関心を寄せたい 今は人間と最小限の関わりしか持たない暮らしができているのだから

そう思ってもまたネガティブラックホールに吸い込まれる

私は人生を亡くしてしまった 時間を亡くしてしまった 自分を失くしてしまった

もともとおしい人生なんかじゃなかった おしい自分なんかなかったのに

なくしたものが大きく感じすぎてつらくなる

ほらまた 何も無い虚しい夏が過ぎ虚しい秋虚しい冬虚しい春 あっというまにおばあさんになって死ぬのだ

年齢に心が追いついていかない 空白の年月が重くのしかかる あのアニメ終わってからもう10年も経ってたの!?って愕然としてしまう そこからまた、10年っていったら普通の人なら結婚して子ども生まれて・・・って思考が発展していって私がこうなったのは親のせいというところまで行って最終的に死ぬしかないという結論が出るが自殺する勇気がないので詰む

はじめから詰みが見えている千日手 生まれてから死ぬまでずっと もう疲れたよ
人間は権力を持つと思いやりがなくなるらしい

私が「親と男に心は無い」「子持ち主婦とキ喪男は精神構造がいっしょ」と感じてきたのは、「友だちが彼氏ができたとたん性格が悪くなってしまった」と同じ現象だったのだ

家父長>主婦=男>>>>>>>>>>人間の壁>>>>>>>>>>>女、子ども(男児は人間の壁の向こうかもしれない。いっぽう女児は「自衛しなかったんだから強姦されてもしかたない。トイレに行ったのが悪い。女なのが悪い。」とまで言われるほどの存在。「ハハオヤ様(家父長の腰巾着)」にまで成り上がり子どもに権力の鞭をふるうしかない。あるいは看護婦が患者に。保育士が幼児に。)

この日本人のヒエラルキー順にサイコパス度が高いと思われる 世間では「いい年して独身は人間性に問題が」と言われている その件に関して私自身は人間性に大いに問題がある独身なので何も言えないが

国会議員や医者や大学教授やスポーツのコーチはサイコパスの巣窟だ もちろんまともな人だっているだろうが 教師におかしい人が多いというのも、よく言われる社会人経験がないからではなく、子どもという弱い存在に対し権力を握ってしまったからなのだろう バスの運転手にもこの手のがいる スピリチュアルティーチャーだって有名になるほど変な言動が増えるのだ いくら瞑想したところでそれは変わらない

親が子どもを虐待するのは原則なのだ それを「しつけ」「だってだってこの子が」「環境が」「国が」「ママだってママだって」とか言って正当化するのも

強姦魔が「女が悪い」「喜んでいた」「女児に性教育をしてあげただけ」「性欲は悪くない」「本能だから」「自分は何も悪いことしてません」などと平気で、正気で、本気で言うのも

人間の仕組みはそうなっているのだ それはしょうがないんだ

しょうがないで済まされないような事件が多すぎ鬱だ死のう

人間嫌だ
スピリチュアルビジネスってみんなあれだよ 受講者がスピリチュアルティーチャーになってハッピーが延々繰り返される マルチだ なんか納得いかないんだぞ
4才女児が性犯罪に遭ったニュースでまた男様がぞろぞろ群がって女ガ悪いー親ガ悪いーオレタチオトコワルクナイーオトコノセイヨクワルクナイーオトコハオンナノヒガイシャーオンナコワイーオンナガーオンナガーマーン()ガーと被害者叩きをしていた

この広い宇宙のどこかには こんなじゃない世界があるのだろうか そうだったらいいな

死ねばこんな惨い世界からログアウトできるのだろうか もう二度と来たくない

わざわざそんなニュース記事を見てしまう自分も自分 男様が群がってるのは予想がついてたのに

わざわざ好き好んで悪い気分になろうとする自分


この世界を創った神は ネットで女叩きをする男と同じ精神構造をしているに違いない

死ねばこんな惨い世界からログアウトできるのか いったい何の罰でこんなむごい現実世界に来させられてしまったのか
単純に フルタイム以上で週5日 ハードな仕事で精神的にもきつい

私のキャパシティを越えているから家事や片付けや用事や趣味いろんなことができなくなってしまったのだ 私のキャパは通常の人間の十分の一以下だ なぜみんなが仕事して遊んでいろんな活動して元気でいられるのかわからないのだ 親もそうだから遺伝かもしれない 淘汰されるべくして淘汰される クソの煮詰まった遺伝子 淘汰されるためだけに生まれた 「昔は結婚出産しないなんて考えられない時代だったから」と言い訳する母 そうなんだろう 私が孤独死できるのはこの時代になったからなのだ やっとクソ遺伝子を葬れるのだ

どうしたものか 楽な職場を探す元気すらない ずっとこうなのか ずっと 貯金もないし・・・ 退職金も出ないし
今日も仕事ができなかった

蒸し暑くてしんどかった このまま秋になるんじゃないかなんてそんな都合いいことないよね 風は涼しくなったけど湿気がつらい

夕方公園に寄ったらよかった 別に自然の中とかじゃなく小さい公園だが 風を感じて雲の流れをながめていると心おだやかになった

いろんな人のブログを読んでるが 他人への批判が多い人は不幸そうだ 私も しかし批判したいのにガマンしていい子ぶってる人はもっとみじめに見える

楽しくくだらない動画を見ていたんだが 急に PTA会長に車に連れ込まれ惨い暴行・強姦をされ殺されたベトナム人の9歳の女児のことを思い出し死にたくなった

犯人は法廷で、「親が見てないのが悪い。自分はわが子がそういう目に遭わないよう見ている。」と言い被害者の親をののしったそうだ

こういうサイコパスが存在し 決して起こってはならないことが現実に起きてしまい、もう取り返しがつかず、そんなむごい目に遭い殺された少女がこの現実に実在し、そしてとことん「親・男様」に甘い日本の法律は犯人を赦しまた野放しにしているという

そして世界中に今まさにそんな目に遭っている人がたくさんいるのだ

そういう現実世界のことを思うと 鬱だとか悲しいとか死にたいとかそんなんじゃなく 受け入れることができないのに絶望するしかないという気持ち

掲示板やブログをさも「自分は正論言ってます!」という論調で自覚なく荒らし誹謗中傷を繰り返している人を見たときもそんな感じ
このごろダメなんだよ このごろっていうかここ数年

めんどくさいけどやらなきゃとか、食べたいけど我慢しようとか、買いたいけど我慢しようとか、寝たくないけど寝ようとか、眠いけど起きてなきゃとか、そういう自制心、やる気、気力、そういうものがなくなってしまった

毎日がんばって仕事行って、私生活でもがんばってしまったら吊り合いが取れないような気がしているのかもしれない それで我慢に我慢を重ねて稼いだなけなしのお金をすぐなくしてしまうのだ

もうどうしようもない 汚部屋は成長する一方だ

出かける気力もないし、寝ても幸せじゃない 世の中の人びとが仕事をがんばったり婚活をしたり勉強して資格を取ったり人と会ったりライブや旅行に出かけたり そんな活動をしてるのが信じられない

苦しい 身動きが取れない
どんなに立派なことを言っていてもスピリチュアルビジネスで儲けている人は詐欺師に見える 情報商材ビジネス・ネズミ講なんかと同じ その点なんだかんだまるかんの社長は偉い気がする 詐欺師だとしても大物でセコい感じがない セコいセルフプロデュースがない

スピリチュアルビジネスで儲けてる人には「ひきこもりから立ち直りました。今はひきこもりを立ち直らせる活動をしています」って人に感じるのと似たモヤッと感がある

自分の問題から目をそらすために、弱い人を「立ち直らせる」カウンセラー()心の専門家()といっしょだね
たとえ主人公が子持ちの主婦だとしても、年を取った女の絶望を少しでも癒してもらいたくてそういう漫画を最近探している

「傘寿まり子」を読んだ 80歳のおばあちゃんが家出して冒険に繰り出すという話 四世帯同居で疎まれるとか孤独死とか高齢のため家借りられず仕事も減るという生生しい現実が描かれる一方、主人公はせいぜい50ぐらいにしか見えず人気小説家で若いイケメン編集者が慕ってくれてたり初恋の人と再開して同棲したりというファンタジックな部分とのギャップがおもしろいと思う

ちょっと引っかかるのは、息子の嫁、恋人の娘のキャラが意地悪でヒステリックな悪役として描かれることに、母の娘に対する生々しい女の悪意を感じてしまうことだ BL漫画で何かと女が醜く描かれるのと同じノリを感じる・・・ 少女漫画的な「アタシヒロインドヤッ」って感じの浸ったモノローグもついていけない

少女漫画の「意地悪なライバル」が「息子の嫁」って身も蓋もなく生々しすぎるだろ・・・ しかも息子はお母さん大好きで孫の嫁が味方になってくれる親友ポジみたいな 少女漫画脳がそのまま結婚出産してひ孫まで生まれるとこうなるのかというホラー漫画に感じてきた 作者は微妙な年齢っぽいが・・・ 子持ちだったら怖い 子持ち主婦ってみんなそんなもんかもしれんが むしろ独身でこれだったらもっと闇深

やはり親・母になった女と、女・子ども・娘の身分でいる者とではわかりあえないのだろう

しかし私ほどの底辺の者が主役ではエンターテイメントにならないだろう・・・

私より不幸な人はどこにもいないという真理
電子書籍の無料で読んでおもしろかったのでツタヤのレンタルで探すと絶対に見つからない 最近は漫画の旬も短く、旬のものか大ヒット作しかなく、似たような少女漫画ばかりがいっぱいある 店員には聞きづらい 今日行ったら女性客がずっと電話でぎゃーぎゃー誰かとどの漫画のタイトルがあってどれを借りるのかいかにもイライラした口調で大声で聞いていて怖かった 最初は外国人かと思ったがたぶん知的障害者だ

プリンセスメゾンっていう漫画を借りたんだけど これ以上の鬱漫画は無いと思った 闇金ウシジマ君より鬱になった

若くして両親を亡くした女性が就職した居酒屋で働いてお金を貯めてまだ25歳ぐらいでマンションを購入するという話で、私にはそんな清く正しい堅実な生き方ができないということ、夢を叶えるための努力ができないということに打ちのめされた

もうアラサー、アラフォーで結婚はどうしようかという話やら、年老いた親の世話やら、漫画家やキャリアウーマンの女性の話が出てくるが、みんな清く正しく堅実に生きていて、おだやかな暮らしがあって、出会いや昇進のチャンスもあって

それでも限り在る命が茫漠とした宇宙の漆黒に取り囲まれて永遠に孤独であるということを強く感じさせられた 終わらない日常の絶望を 何かに囲まれた暮らし、何も持たない暮らし、どちらにしても絶望だということを

ろくな感想が書けないがとにかく鬱漫画だった・・・


この10年、本当にあっというまだった 何もできず、どこへも行けず、何にもなれず、誰とも会えずに、ただただ、毎日働いて働いて働いて働いて働いて、休んで働いて働いて働いて働いて働いて、それでもお金も貯められず

本当に、何も無かった ひとつの思い出さえも

この先、あっというまに、43歳になって、53歳になって、63歳になって、73歳になって もうすぐに、あっというまに、おばあさんになって、死ぬのだ

何もできず、どこへも行けず、何者にもなれず、誰とも会えず、ひとつの思い出すら作れずに

怖くてたまらない だから早く死にたい


たぶんあの漫画は「がんばっている女性たちにエールを送る」という趣旨の漫画で、だからがんばってない私には毒になったのだ

がんばってない奴は死ぬしかないのだ