FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
no title
こういうこと、こういうこと、言われた。言われた。



陶冶する 「行動」は人間全体の活動であるから、単なる思考よりも深く我々の生命に根ざしている。行動は実生活に対する最も直接の適応力増進の力がある。
行動の結果、一度得た自信は、たとえその自信を自覚しなくても我々の性格を強固にする。
苦痛や不安に耐えて
なすべきことをなす 神経症者の生活態度は、常に不安や苦痛からの逃避である。いかにしてこれらを無くすかが最大の関心事である。
このような態度ではいつまで経っても実生活に適応してゆく自信は生まれてこない。苦痛に耐えてなすべきことをなさない限り、なすべく作られている人生に適応する自信の生まれる道理がない。
人間は理屈や理想ではなく、行動したことで評価されることが体得される必要がある。
恐怖突入 症状や不安のため行動に移れない患者が多い。
症状のために死ぬようなことは無いのだから、まず「目的のある行動」を起こすべきである。怖くても苦しくても思い切って行動を行ってみる。これが恐怖突入である。
*死ぬ気がありゃ、何でもできるってこと。
事物の正認 事実をありのままに認めることは、全く簡単のように思われるが、実際には





とからなにかを学ぼうという意識がないからではないでしょうか。 人は痛い目に遭わなければ分からないと言いますが、同じ失敗を何度も繰り返す人は痛い目にあっても分からないのです。 なぜ分からない、分かろうとしないのかが問題です。 それは漫然と生きているからです。 生きることに真剣みが欠けているからです。
自分はなにもしなくても、いつか、だれかが助けてくれる
自分に変わってだれかが責任をとってくれる
ほっておけば、ものこどは収まるところに収まる (先延ばし、その場しのぎ)
人になんと評価されても、生きてだけはいける
自分で決断しなくても、だれかが決めてくれる
このようなことがあげられると思います。 ここに共通しているものは、他人に依存しているということです。 すべては他人任せにしていても、生きていくだけは生きていけるからなのです。 責任感や自立心が薄いのです。 自分で自分の道を決めて、切り開いていこうという意識がないからだと思います。


ひとり暮らしのウサギは小石で確かめて、慎重に釣り糸を垂らしました。気がついたら大量の魚を捕っていました。しかし、不満なウサギはまだ一匹も釣れていません。

たまりかねた狐は「魚は草と違うんだよ。さっきポイントを教えたはずです。見ているとまったく聴いていない。何をやっても上手くいかない人は、聴いているふりをして自分の考えでやっている」と叱りました。

不満なウサギは「わかりました」と素直に謝るのですが、やっぱり、草を採る感覚で魚を捕ろうとしていました。

「目的もなく、いつまでも自分の世界観でものを考えているような者には、どんあ素晴らしい教え方をしても、いつも繰り返すだろう」狐はそういって、二度と不満なウサギに教えようとしませんでした。

目的がはっきりとわかっていると、同じ失敗はしません。なぜなら、必ず成し遂げたいという熱意があり、反省するからです。


目的がはっきりとわかっていると、同じ失敗はしません。なぜなら、必ず成し遂げたいという熱意があり、反省するからです。

ウサギに魚の捕り方を教えても、魚と草の存在はまったく違うことに気づかなければ、魚を捕ることはできません。

何度やっても失敗に終わります。そうして失敗を恐れるようになっていきます。

このウサギと同じように、自分の世界観で物事をとらえてしまうと、何度も失敗を繰り返します。

失敗を恐れると自信を失います。失敗するたびに「すいません」を繰り返しながら失敗の原因を認めないで、頑固になったり、開き直ったりすることで自分を守ろうとします。

そうした中で嫌いな体験を積み重ねていくうちに、やがて「失敗」は悪いことだと思うようになるのです。

自分がわかれば他人もわかります。そうなって初めて、人間関係が円滑になっているのではないでしょうか。

表面上にトラブルや出来事が起きない限り、見過ごす、見なかった、気づかなかったと自分の都合のよいようにその場を納めてしまいます。

そうして、日々を送っているうちに、トラブルの芽は地上に出て華を咲かせるのです。

「あれー?」は。浅はかな華を咲かせ、「これでいいの?」は、慎重さのかけた華が咲き、「うー?」は、まさかという事態を招く華がほころび、「まさか」で問題はおきてしまったということになって初めて、慌てふためくのです。

現実を見るとは、起きたときのことではなく、表面上おきなくても、気になることをあえて「なぜそうなのか」と、しばし立ち止まって考えることです。








そのとおりだった。



もうがんばれない。


いや、がんばってなかったから、、、ダメになったのだけど。


人格破綻してた。



人間じゃなかった。


もう、あきらめます。人間になるの、あきらめます。


死ぬのが一番いいけど…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/3936-e12b83bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック