FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
no title
・自己嫌悪が役に立つという勘違い
「自己嫌悪が役に立つ」と思っている人が少なからずいる事実があります。
「自己を嫌悪すれば、自分の意志を強化して、次はうまくいく」と思いこんでいるようです。




自己嫌悪が役に立つというのは、単なる自分の都合を優先した解釈であり、おそらくそういった方は、同じ過ちを何度も繰り返しているはずです。
問題を自分の中に認めず、外部に無意識に求めているので、同じ過ちを何度も繰り返し、万能感から自分を過信して矯正しようとせず、かわいそうな自分を演じます。



・依存と自己嫌悪の密接な関係
依存は人格の問題なので、人間関係で最も明白にその傾向を見ることができます。何かの依存症を持つ人は、かなりの確率で人間関係の依存があります。



・ゲーム依存と自己嫌悪、依存の自覚の遅れ
ゲームで時間やお金を失ってしまった時、ゲーマーは自己嫌悪に陥ります。実はこれによって、さらにゲーム依存に陥ります。
ゲームで、大切な時間を失うような自分を受け入れたくないとき、自己嫌悪によって「ゲームにはまらない自分」を、あたかも人格の中に存在するかのように思い込みます。
その人格が「ゲームで大切な時間を失う自分」を嫌悪する構図になるのです。
この結果、あたかも自分自身の意志で「自分は意志が強い、二度とゲームはやらない」と思い込み、ゲームをしていたのが自分ではなく別の自分であるかのような錯覚を持つことになります。
このことが、自分が「もはやどうにもならないゲーム依存者」という現実から遠ざかってしまい、依存の自覚が遅れる事になります。


・自己嫌悪しやすい人
自己受容の低い人、万能感を根強くもっている人、ナルシスト、完璧主義者等が多いとされます。
特徴として、自分の全人格を統合できない、条件付きの肯定感情をもつ人や理想的で完璧な自己イメージ以外は価値がないと考える人などです。



本来、子供が何らかのミスをしたときには、その行動がどういう意味を持つかだけではなく、自分自身が何故それをしてしまったのか?を、子供に考えさせ、それによって内面の洞察力を付けさせ、結果として行動を律するように導くのが理想的な教え方でしょう。






私のことだ




でも 子どものころ母親や、教師に「どうしてこんなことしたの!」ってさんざんきかれて、答えられないと、「あなたが反省してないからでしょ、自己中だからでしょ、やる気ないからでしょ、」ていろいろ責められて、辛いと思うだけだった





1、自分が嫌いになるのは、自分の中のネガティブ感情に気づいた時が多いかもしれませんね。
人の幸せを喜べない自分に気づいた時
嫉妬しているのに気づいた時
計算高い自分に気づいた時
いつまでも過去の出来事を許せない時
周りの人の言動を、ネガティブにしか受け取れない時
未来の可能性を全く信じられない時
自己中の自分に気づいた時
いくら努力しても報われない時
つまり、こうありたいこうあるべきという理想の姿と自分を比べている状態です。

2、あるいは何かよくない事が起きた時にも感じるかもしれませんね。
何かを失敗して怒られた時
意味不明に怒られたりねたまれたりした時
とんでもない勘違いをした時
大人げない振る舞いをしてしまった時
親切心があだになった時
空気が読めなくて周りに不快な思いをさせた時

3、あるいは、何も起きていないのに常に自己嫌悪の中にいる方がいらっしゃいます。
自分の根底に自己嫌悪があって、全てがそこから始まり、全てがそこに行き着いてしまう。
この状態にいる方が一番苦しいです。
気分が晴れる時がほとんどなく、いつも重いネガティブなエネルギーに包まれていて、
自力でそこから脱出出来なくなっている方が多いです。
で、このような状態はどれも、ある意味当然な反応ですが、
ある意味、一種の間違いだと私は思っています。
その事を少しお話しますね。


魂のテーマと家系のテーマ

私たち、生まれる前にこの世で何に取り組むのか、どんな体験をするのかの「予定」をある程度立ててきます。
これも証明できない事ですが、私は個人的にはそうとしか考えられません。

上記の3番の傾向のある方は、人生のかなり初期にトラウマ的体験をしていることが非常に多いです。
4~5才に近い頃のトラウマ的傷の方は、1番や2番を経験するかもしれませんが、
立ち直りが比較的早いです

エゴ様が牛耳っている時の特徴はこうです。
自分中心で、自分さえよければいいと思っている。
計算高くて、いつも表面的な損得勘定をしている。
0か100かになる。例えば自分が世界一素晴らしい人間でなければ世界一惨めな人間に違いないと思っている。
私は私は私は…つねに自分を主張する。
自分は何か特別な人間で、いつかきっと誰かがそれを見いだしてくれるはず、そうなれば素晴らしい未来が待っていると思う。
自分は親のせいで兄弟のせいで幼児体験のせいで本来の自分でいられなくなった被害者だ。
何かの責任を取らないですむように、そういう場面からはさっさと逃げる。
地位や力のある人にはすり寄って気に入ってもらおうとする。
どうせ何をしてもダメなのだから、希望を持ったり努力したりするのはバカだと思う。
いつも見返りを求めて何かをする。
周りを自分の思い通りにコントロールしようとする。
頼りになる人にいつも依存していたい。
自分は非常に素晴らしい人間で、エゴなどとうに克服したと思っている。


じゃあ、エゴ様をてなづけるにはどうしたらいいの?

じゃあ、エゴ様をてなづけるにはどうしたらいいの?
と思いますよね。
私が毎週書いているこのメルマガの半分くらいは、エゴ様をてなづけるための方法です。
ですから、ピンと来たものを読み込んでみてください。
そういう視点で読むときっとまた違う気づきがあるでしょう。
そして一番上の3番の方は、繰り返しになりますが、自力だけでそこから脱出して、
エゴ様をてなづけるのはかなり難しいです。
相性のいい専門家を探す事をお勧めします。
いつまでも痛みや苦しみの中にいると、痛み苦しみの中毒になってしまいます。
それは魂の学びにも成長にもなりません。
魂はより傷ついてしまうでしょう。
一歩踏み出して、もっと楽しい幸せな生き方にシフトしてください。





ネットをみていると私のことがたくさん書いてある イヤだ イヤだ イヤだ イヤだ イヤだ


でも、イヤだと思っちゃいけないんだって



相性のいい専門家なんて、いるだろうか?


相手ははなからわたしのこと、嫌って、見下してるわけじゃん。あんたはダメな人間だから変わんなきゃね!私の言うこと聞きなさい!良い子になりなさい!何?その反抗的な態度!本当に治したいと思ってるの!?私にできるのはお手伝いだけなの!すべては自分次第なんですからねっ!?


っていわれて嫌になって挫折するのが目に見えている


こうやってでもでもだっていってるからだめなんだね………


ちょっとアルコール入れて行くかもう耐えらんない……

辛い…


私のことたくさん書いてある エゴ人間だって ナルシストだって


高校のとき専門家に相談してればよかった………


どうしてこんなになるまで、ほうっておいたんだろう


ネット依存でまた寝てない……… やばい…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/3973-5ccaaf0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック