嘆記
ダメ人間の日記
夜だ

ただの、夜。

朝の前の時間。今日という日付の終わり。延々と繰り返すひとこま。ただそれだけ。



母は、夜眠れないで起きているわたしに、「夜は寝なきゃダメ!」と言ってくるキチガイだったが、

あの母のおかげで、夜はおかしがたく神聖でおそるべきもののように、感じられたのかもしれない。


あの家には神話があった。夜の神と太陽の神がいた。弟が無垢な神話の破壊神、父が空虚な権威、妹は善良なお姫様、母はかわいそうな英雄、私は、悪いモンスターだった。


もう人間にはもどれない。


ひとりの暮らしには、物語がない。朝も昼も夜も、春も夏も秋も冬も、ただ空虚に過ぎて行くだけ。


実家に帰れば、生きてる実感が、物語が、戻ってくるのだろうか。


ああ、引越しと辞職をする元気がほしい。


このままでは死んでしまうよ。



でも、おとなになるってそういうことなのか。

おばけがこわくなくなる。

繰り返す日々に慣れ磨耗する。


もうどうしようもないのかな。


それでもやっぱり、家族がいれば、暮らしの情緒が生まれるのかもしれない。朝の神と夜の神がまたあらわれるのかもしれない。

時間が、ゆっくり流れるかもしれない。


でも父親を殺すのを我慢するのが辛い。



わたしにできることはない。

ただ明日からの5日間を耐え、休んだら、また次の週を、耐え、


死にたい、。



なつかしい あのころに もどりたい



ほかの人になりたい、普通の人になりたい、普通の人生が欲しい。



わたしにできることは、なにもない。


休日に外に出たりすると、やっぱり、つらくなる。


この世界にはいろんなものがきらきら輝いているけど、

わたしにはもう何も無い。未来が無い。可能性が無い。


妖怪に人間の世界はまぶしすぎる。

死者に生者の世界はまぶしすぎる。


いろんな、セラピーとかに頼ってみたりもしたけど全部無駄だった。

セラピストって、ロボット人間だから。定型文を繰り返すだけのプログラムで、生きた人間じゃないってわかったから。

あのセラピーでよくなる「患者」ってのも、ロボット人間なんだと思う。プログラムどおりに病んで、プログラムとおりに回復できる、

ロボット人間。



私は仲間はずれ。


どこにも希望も居場所もないってわかりました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/4519-18b088fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック