嘆記
ダメ人間の日記
あのね、乳幼児の小さなおつむの中では、「世話してくれる親が目の前にいる=快・世話してくれる親が目の前にいない=不快」っていう公式が成り立つらしいよ。

有=快・無=不快

そこから、ちんこがついている=快・善 ちんこがついてない=不快・悪って方程式まで成り立つんだってさ。

それはおとなになってもずっと保存されたままなんだって。


つまりは、この地球上どの国へ逃れようが、どれだけ時代が進もうが、良いことはみんな男様のおかげで、悪いことはみんな女のせいなのさ。

しかたないね。


聖書に書いてあるとおり、神様は男のための奴隷として女をおつくりになられた。

女が奴隷になることによってこの世界が成り立った。


差異こそが森羅万象を形作る。

風が高いところから低いところへ吹くように。

光がなければ闇も無いように。



差を取る=悟り っていうんだって。


悟るということはつまりみんな死ぬということさ。



まれに女になりたがる男がいるのはなぜだろう。

きっと女になりたいっていうのは二次的なことであって、まず男が好き=ちんこが好きってのが前提にあると思う。

だって、わざわざ不快なほう、痛いほう、飢えるほうを選ぶやつなんかいないもの。


出産だけが女の価値。自己肯定する唯一の手段。そう思わされた。

神によって。



神だとか社会だとか、大きなものに向かって文句を言うってのは、負け犬の遠吠えでしかない。

だって、長いものに巻かれるが勝ちなんだもの。

いつだって。どこだって。



喜んで負けよう。

どうせ女に産まれてこさせられた時点で、負けなんだもの。



部屋を片付けて、ネット以外の趣味をやってみよう。

ボーナスもらったらペンタブ買っちゃおうかな。

たまには自然のなかへも行きたいし。

またオカリナも吹こう。

よきところで自殺だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/4828-51db6241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック