嘆記
ダメ人間の日記
今日、職場で、今度飲み会しましょうとか言われた。

私は、嫌だ、行きたくない、とはいえなかった。

私はまた迎合した。迎合させられた。「空気」によって。


どうしてわたしの人生は全てが迎合することになってしまったのだろう。


本当にやりたいことをやってのびのびいきいきすることができない。物心ついたときからそうだった。

いつも母親は娘が自分に恥をかかせないか、ピリピリキリキリ、監視してた。

自閉症児とニートの父を抱えた一家の恥を私ひとりでかかえこまされた。

お前がクズ男とセックスしたからクズみたいな子が生まれたんだろうが。


それでも母は息子を可愛がった。結婚する女というのはすべからくちんこ大好きまんこだから。娘なんかちっとも可愛くないのである。そして結婚する男というのもちんこ大好きちんこなんで娘なんかちっとも可愛くないのだ。


うまれかわったら、他の人になれるのか。今度こそ幸せになれるのか。他の人みたく学校で友達をつくって笑えるのか。普通のことが普通にこなせるのか。普通に会話というものがこなせるのか。楽しそうに。楽しく。好きな人と付き合えるのか。自分の才能を発揮できるのか。個性や人格のある人間になれるのか。

障害者の特徴しか持たない障害者じゃなくて。



少人数で気心知れた仲間でいいたいこと言いましょうだって。

ろくでもないよね。コソコソ酒飲んで愚痴吐き大会なんて。

ひとりでブログに吐き出すのだってろくでもないけど。

誰かを仲間はずれにしてコソコソとか。

無理。そんな空気。そんな空気にニコニコ迎合するのは耐えられない。


人生は嫌なことを強制させられることしかない。


幼いころから本当は知っていた。


私は将来キモい障害者と無理やり結婚させられて犯されて障害児を産まなきゃいけないんだろうか?ニコニコしながら?

って妄想、強迫観念、知らない障害者の男たちとその母親たちと同じ湯船に浸からされながら ずっと思ってた


現実はひとりで死ねそうでほっとした


現実は、悪夢ほど、厳しくない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/4898-83aefd2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック