嘆記
ダメ人間の日記
偽りの自分を愛されるより、ありのままの自分を憎まれる方がいい

そんなことを言っているやつは27歳で妻子をのこしてショットガン自殺する

げんいんはたぶんふつうにうつ病だったんだろうと思う いろいろストレスが大きかったんだろう



岡本太郎もたぶん似たようなことを言ってるんだがこっちは84歳まで図太く生きた


生まれ持った気性の違いが大きいだろうけど カートは優しく繊細(両親の離婚前は快活だったらしいが) 太郎は気が強い

ミュージシャンのほうが自殺率が高いだろうか?大衆の支持を得るというテーマのせいだろうか 絵画は逆に大衆に理解されないのが偉いみたいな風潮が続いてたっぽいがこっちも自殺けっこういるだろうか ゴッホとか


カートは父親に捨てられた少年(親の離婚) 太郎は母に溺愛された少年なんだよな


父というテーマに捕らわれすぎた人(男?)は殺すか自殺するかしかなくなるように思う それかひきこもるかいじめるか

母の力が必要だが 愛を持てる女なんてどれほどいるだろうか 両親は男の子しか愛さない 男は性欲でしか女を見ない それどころかスケープゴートにする 父親も性欲でしか娘を見ない 女でさえ女嫌い 社会も世間も女性を蔑視する 仏陀やキリストでさえ女性差別主義者で肉便器産む機械扱い そんな中で自分も他人も愛せなくなり渇愛ばかりが一生募り続けるのが女ではないか(私だけか)


どうだろう 太郎は父親の愛もあったろうから やっぱりいい両親がそろうのが最強なんだろな もちろん男に生まれるという前提で

当たり前の結論がでてしまったぞ・・・



元祖女性は太陽であった か

そんな時代は死んだ もう決して生き返りはしない 愛は太陽エネルギーと同じように目減りし続けそろそろ枯渇するだろう

母は子供を永遠に愛せない

女の子は永遠に愛されない


カートは神様はゲイと言ってたらしい 私も同じことを思ってた

いろいろと共感してしまうな・・・ 洋楽よくわからんが 先進的な考えを持ってたんだな


私は何の才能もないし仕事恋愛結婚出産 何一つできない

40歳になっても自殺もできないだろう・・・


親の介護を「させられる」だけの人生・・・

学校行かされる 勉強をさせられる 会話をさせられる グループを作らされる 仕事をさせられる お金を稼がされる お金を遣わされる

それだけの人生



おざきゆたかってのもいたな

自殺者ってなんかいいよね(ふきんしん)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/5230-9981ea54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック