嘆記
ダメ人間の日記
中学か高校のときに バスの運転手におこられたことあんだよね なんかもっとこっちに立てとかなんとか あぶないでしょみたいな感じじゃなくて  何だこいつみたいな 邪魔なんだよわかんねーのかよみたいな
 
そのとき 感じたみじめさこそが自分の本質であり本体なんだと実感した そのみじめさという感情 みじめさという物質 電気 細胞 素粒子 そんなものが 「わたし」なんだって


そんな10代やだよね
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/5320-cb3f6eb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック