FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
ポプテピピックの1巻を買うために横浜まで行かなあかんのか

竹書房のコミックなんてちっさい本屋じゃ売ってねーわな

横浜 電車で30分 人(リア充風情)がいっぱいいる 金持ちの年よりもそごうや高島屋にいるぞ 死にたくなる呪われた土地だ さらにいけてる連中はみなとみらい方面まで行くぞ 山下公園は地獄絵図だ

アニメイトならありそうな気もするが・・・

しかしアニメイトはアニメイトで別の居心地悪さがある・・・ いい年したブスのババアのくせにオタクですみません的な

ふうらい姉妹も買えたしマニアック系の欲しい本があるときはやっぱり横浜地下の有リンドウに行くのが確実なんだよなあ

アマゾンは仕事柄使いづらくなってしまった・・・・・・

ブックオフ・・・ ブックオフならあるかもしれんな・・・ ツタヤでレンタルもできるか もうカードが失効してしまったが


やめたくてしかたなかったバイトの最終日に横浜から家まで歩いてみたことある 無駄に狂ったことをした

途中で深夜営業のロイヤルホストでハンバーグかなんか食べて すごい疲れたけどけっこうたのしかった 家の近く真っ暗な大通りで車にのったDQNに○○!って知らん人の名前でしきりに呼ばれてすごく怖かった きっとその○○って子は周囲から浮いてるブスの陰キャだったんだろうな

みなとみらいといえばバイト先のジジイ(まじのジジイ60か70か ハゲ)に「お茶」に誘われてのこのこついってったこともあったな あのころの私は断るということが全くできず職場では自分をひたすら押し殺していたため思考能力が麻痺していた あるいは思考のために行動が停止していた 今もそうだけど

無駄にスーパーの食品売り場なんかうろうろして とんかつおごられて 本当しんどかった 他のカップルたちはお似合いの若くて身ぎれいな男女ばかりで腕を組んで楽しそうに歩いてた

しきりにあそこにホテルがあるよ、あっちにホテルがあるよ て言われた 帰りにまた来ようねって言われた 笑顔でうなずくしかできなかった

そういう意味だったと気づいたのは1ヶ月経ってジジイが病気で退職したころだ


あれが私の最初で最後のデートだ


死にたい

思い出が私を殺しに来る 人は恥のために死ぬ 思い出が芋づる式に私を殺しに来る

思い出は私に死んでほしいのだ



私と同じ底辺の人は恋愛・異性がらみでみじめな思いしてる人が多いっぽいね まるでイニシエーションのように

そうだよね 生殖に無縁の奴は生きる価値がないんだろうね サバンナではね

恋人と別れて鬱のやつはがんばれや!!!!!!!!!新しい恋人できりゃハッピハッピー完全復活だろがいっ!!!!!!!!!底辺は気取るもんじゃねえ!!!!!!!!!選ばれし者に生まれ付いたら決して生涯逃れられない宿命なんだよっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/5464-f9946f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック