FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
我々は生まれながらに国民である 魂の安寧と引き換えに生命の安全をある程度保障される

虐待死する子もおるが・・・


子供時代が生命の安全と魂の安寧が両立し得る貴重な幸福の時代なら

思春期は魂を捧げる相手を見つけること 己が魂の生きられる居場所を社会の中に見出すこと


もてない男女は全てを国家に売り渡さねば生きられないということ 人間の持てる財産の全てを、魂の全てを捧げ、命乞いをし続けなければいけない生活であること それを一生続けなければならないということ


いや 子持ち主婦のほうがいろいろ全部売り払ってる気もするな・・・ まるで幸福薬を打たれた幸福な市民のように 結婚したから安定した!幸せ!この人と出会うために生まれたの!これからはこの子にために生きるのおー!って(五月蠅いしすぐマウント取ろうとしてくるからさっさと死んでほしい 社会や世間や生活の愚痴言うにしろj自虐するにしろいちいち大げさで声がでかくてとにかく五月蠅いんだよ)


国民じゃない人から見れば贅沢な悩み

でもほんとうに自殺する人もいっぱいいるんです


魂を売るというのはそれほどのことなんです


売春婦 この世は皆風俗だ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/5504-2a19bfc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック