嘆記
ダメ人間の日記
目が覚めて 雨音 薄暗い部屋

むしょうに悲しい

強くなる雨音 起きられない トイレに行きたいのに

いろんなとこに行った いつもひとりだった いつも夕暮れをひとりで迎えた

落ちる陽 曇り空 暗くなる街 黒い木立 町の明かり 家々の灯火 風の感触

人生が終わっていくのを ただ立ち尽くして見ているしかできなかった

春夏秋冬春夏秋冬 季節がものすごいスピードで終わっていった

そして人生は終わった 永遠の暗闇がそこに横たわっている


他の人になりたい

ふつうにしていれば友達ができて ふつうにしていれば恋人ができて ふつうにしていれば就職できて ふつうにしていれば結婚できて

ふつうの家で生まれ育ったふつうの人になりたかった ふつうに幸せな人生を送ってたくさんの思い出を抱えて死にたかった

死にたい
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/5608-ef58243b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック