嘆記
ダメ人間の日記
もし私が若くてかわいい女の子で彼氏とデートができたらどんな感じだろうかと想像してみた

ふたりで街を歩きながら 彼はよその巨乳の女につい目が行ってしまうのだ

そして店を見てまわったり食事をしたりなんやかや 彼は義務的にこなすのだ 射精のための必要経費として

自分が冴えない男であることを棚上げして冴えない女を所有するためのコストを支払わなければならないことに内心舌打ちしており彼女のことを心底憎みながら抱くのだ AVみたいに


絶望だ 喪女がたのしい妄想すらできなくなったらもう絶望だよ

若くてかわいい女の子っつったろうに 若くてかわいいなら愛されるに決まっているのに

テレビも見ないし外へも出ないので若くてかわいい女の子がどんなのかすら想像できない

愛や親しみというものがどういうものかもわからない
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/5612-e2b20b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック