FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
またスラムダンクの一挙放送を見てた

あの花道が倒れた安西先生をらしくもなく迅速に助けるシーン スラムダンクの中で一番印象に残っている

そのあと実は花道が倒れた父親を自分のせいで救えなかった(?)という回想がちょこっと入るんだが 天才ルーキーがすごいスピードで成長するというおおらかで夢のある話の中で 非常に現実的な陰のある異質なシーンで

ふつう漫画の主人公ってああいうボロアパートに住んでないんだよね だいたい少年漫画の主人公の父親って、乗り越えるべき強くて偉大な存在か、あるいは最初から不在なんだけど(それで主人公は実は特別な血統に産まれ付いている)

花道の父親は、花道より小さくて、守ってやらなきゃいけない弱い存在なんだよね

それで母親は不在 父子家庭なのかそのときたまたま不在だったのかはわからないが

そして花道が中学からグレて喧嘩に明け暮れてるのも家庭環境のせいか単なる反抗期かわからないんだけど

湘北の安西先生・赤木・小暮・三井・宮城・流川・・・そしてライバル校の選手 皆花道の不在の父親の代わりを果たしているように見えてくる そして晴子さんと彩子さんは母親代わりのような

王道に見えて実はジョジョ以上に屈折してるというか 親不在の青少年の傷を癒すような物語になっているんじゃないかと思う

一見素直で真っ直ぐに見えて実は巧妙なトリックと現実の陰が仕掛けられているというのが実にスマートでかっこよくおもしろい 最近はトリックを前面に出してドヤ顔してるような作品ばかりな気がする そしてオタクが考察で盛り上がっちゃうという ハンタやまどマギみたいな(最近ではないか) それはそれで好きだけど

それにしても父と息子のものがたりっていいよね 愛と夢がつまってて

母と娘にはそれがない

女の人生はしょせん結婚と出産だけだから どうせ産む機械・性処理機だから 母は娘にそれを伝え受け入れさせるだけ(まどかも母=女神になった)

女の人生には、何も無い。

女は機械でしかない。

女は人間ではない。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/11/22(水) 16:49:42 | | [ 編集]
Re: タイトルなし
たしかにスポーツもヤンキーも嫌いなのに楽しめますね 体育会系特有の押し付けがましさがないからでしょうか むかつくやつが一人も出ないってすごいですよね 悪役というものも出さず物語を盛り上げてしまうという

夫と子供がいるフェミ活動家ってなんかモヤッとしますね ビアンの世界もそうですか ひきこもりの集まりもそんな感じらしいです LGBTの世界もそうなんでしょうね 「男社会」を形成しないのは、知的障害者ぐらいかもしれません

2017/11/22(水) 20:46:14 | URL | みょんみる [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/5722-d335f608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック