FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
私のような人間が、本だとかの症例に乗ってないのは、単に、「取るに足らない人間」だからだ

カウンセリングに行ったら他の人の例として、「親が勉強しろと厳しくて」だの「リストカット」だの「親の期待に応えようとがんばりすぎて」だのなんだのまあよくある例よくある例よくある例よくある例よくある例をよくもまあ次々とそんな本やネットで見たことあるような例ばかり、しまいには、「性風俗で働こうと思ったことはないの?あるでしょ?ねえあるでしょ?メンヘラの女の子はみんなそうだから!!そうやって自分を大切にできないんだよねえ~!みんなそうなんだよ!!」ときたもんだ

つまり私の話を何も聞いていなかったのだ 当てはめゲームに正解して、潜在意識がー氷山の無意識がーありのままがー認知のゆがみがーという教科書の朗読をしてればクライアントは良くなるのであり、良くならないのは、それはクライアントがよくなりたいと思っていないから、自分を変えようとしていないから、努力していないから、自分はその手助けをするだけなのに全て他人に頼ろうとするから、甘えているからなのだそうだ

本物のクズは自分を変えようとしないので、(親が厳しい・リストカット・がんばりすぎちゃう・性風俗で働く女の子)メンヘラ=健常者のように、「よくなる」ことができないのだ

私が悪かったよ もう殺してくれ


あのカウンセリングルームは歓楽街の近くだった だからああいった話が出たのかもしれない 風俗で働く女の子の心の弱みにつけこんで、肉体関係を持っているタイプのカウンセラー()だったのかもしれない さっさと逃げてよかった

どこに行っても教科書の朗読を延々聞かされてお説教されなきゃいけないのは同じだけどね
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/5879-3a34dc93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック