FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
現実がよく見える人は、とうしつとかになりやすいのだろうか

心を病んだ青年の自画像が、あまりに克明に似すぎていると、ありのままでありすぎると、そんな話をかやまりか先生の本で読んだ


私はほどほどとは言わない 現実からは全力で逃避したい

かわいい自我ちゃんはいつも私を生かそうと守ろうとしてくれているんだそうだ


自分が自分をいじめることは、親が子をいじめるのと同じくらい罪深い

だけどなぜだかどうしても「私はクズだから」と、誰かに言い訳するようなことをしたくなる 予防線を張るようなことを


花子さんのまんが Lentaで借りて読んだ 身につまされすぎる 

世間の人間の我々への視線がわかりすぎる


救いは無い(スピリチュアルの先生なら、はじめから救われている、と言うだろう)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/6047-be36b039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック