FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
子どものころ

学校の課題で何か作ろうとしてて 何を作るか頭のなかでちゃんとわかってるつもりになってるのに いざつくりはじめたらなんかわかんなくなってしまって 結局他の子のマネをさせてもらうという

そういうことがよくあった・・・(不器用とかそういうのもあったがそれ以前というか 完成させるはずだったものがじょじょに霧散する 頭の中でちゃんと完成図ができてないのにもかかわらずなぜかちゃんとできててつくれるような気になってしまっている)

脳の障害なのかもね

ろぼとみーやってください(お金がない)

人の役に立ちたいんなら腎臓や角膜を売ればいいんだよ

幸福な王子のように 鶴女房のように そして死ねばいいんだよ


私はおかしい 恥ずかしい みんなみたいにできない なれない 人間になれない おかしい 壊れている 浮いている 不完全
未発達 おかしい 変な子 おかしい 何やってるの なんか変だよ おかしいよ 

ヒトじゃないみたい

ヒトじゃない 女のヒトじゃない


おかあさんがわたしをこわしたんだよ

絶対にゆるさないよ


体の感覚がどうしても気になるという症状もあったなあ それで鼻をうにゅってやったり 股間が気になってしょうがなかったり 同級生にマネされて笑われたり教師に不振がられたり親にやめろやめろやめなさいやめなさい言われたり・・・(この感覚他人に伝えることが全く不可能 体の違和感 かゆいでもイタイでもなくそこにあるその存在が放っておけないというかもうとにかくそんな不思議な異常な感覚が起きてくるわけでもなんでもないんだがとにかく気になるという説明不可能なやつ)

つらかったなあ・・・


味方 ひとりもいなかった みんな敵だった


他のひとのストーリーでは 家族に捨てられて男に依存して売春やってたアタシだけどリストカットやってて摂食障害でODで自殺未遂してでも理解してくれるヒトがいてスクールカウンセラーの保健室のなんちゃらのフリースクールの居場所ができて今では結婚して2児の母ですなんちゃらかんちゃら

そういう「人間らしい」「女のヒトらしい」ストーリーばかり



疎外されている なんかもう すべてから はじめから 疎外されているぞ

私が悪いのか そうか
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/6087-932fd718
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック