FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
ロリコンについて
私が子猫をかわいいと思うのと同じように、ロリコンも幼女をかわいいと思っているのだろうか ちんこがついているとかわいい=犯したいになってしまうのだろうか

ところで日本人内のヒエラルキーは以下の通りである

家父長>主婦>男------人間の壁------>女>男児>女児

生涯独身の男女は子どもより低いかもしれない・・・ その他男性と子なしの主婦、未婚女性と男児はどちらが上か微妙だったりするが

女が結婚し子を産んで親になりたがるのは、このヒエラルキー内での成り上がり願望が大きいと思われる

いくら男たちが「未成年とセックスしたい!」と主張しても「ロリコンはいけない」と言われるのは、女性や子どもの人権を守るためでは決してなく、「親=家父長様と主婦様がダメと言うからダメ」なのだ

「不倫はいけない」のも、「親というヒエラルキーの頂点がダメというからダメ」なのである

わたしたちの日常の人間関係内には、無数の天皇陛下がいらっしゃって、強力な抑圧が働いている だからこんなにも生きるのが苦しいのだ

未婚のただの女が「性犯罪はいけない」と言ったところで、「フェミ=男に飢えたババアのヒステリー」として草生やしてバカにされるのがこのヒエラルキー内では当然なのだ 主婦様にがんばっていただくしかない

「ロリコンはいけない」と声を大にして言えるのは、この「家父長が娘を犯す権利を所持するヒエラルキー構造」の上にあぐらをかいている家父長様と主婦様だけなのである

人情も道徳も法律も、性欲でさえもこういった強力な構造の前にはしばしば無力である 「命の尊厳」など真っ先に切り捨てられる対象でしかない

身分制度による支配は未来永劫続くのだ

だから、小さなものが犯され殺されているのを見ても、心を痛めない立派なおとなにならなければいけない。

あとロリコンはこのヒエラルキー構造を強く内面化した男性であると思う あぐらかいてる家父長・主婦様と精神構造はやはり同じなのだ 家父長になって娘を犯したいのである 警察に因縁つけられたロリコンエロ漫画家が、家宅捜索と称してズカズカ上がりこんできたポリスに終始へりくだっていたという話もうなずける 生き延びるためにはそうするしかないだろうが・・・ 自分より強いモノには絶対に逆らえない人たちなのだ それはポリス達も同じである

この国(世界)は、建前では「女児を強姦してはいけない」と言いながら、「本当は女児を強姦しても良い」国(世界)なのだ そのへんの機微をよくわかっていないと、発達障害アスペ扱いされ結婚や就労の権利を剥奪され共同体から追放されてしまうので注意しよう
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/6721-2ac8dee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック