FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
世界が二つに分かれている

ひとつはテレビの世界 いい男といい女がロマンチックな恋愛をする世界 少年少女が戦い世界を救う世界 いい服やいい家やいい乗り物 おしゃれな都会 美しい田舎 暖かな家族 おいしい食べ物 流行の音楽 学校のみんなが見ているもの キラキラしてきれいでかっこいいもの 結婚とウエディングドレスとディズニーと

それは男と女がセックスをする世界 いい女をめぐって男が争う世界 女が男にカネで買われる世界

カネと暴力とセックスの世界 それが健常者の世界 虚栄の国


もうひとつの世界 障害者福祉の世界

知的障害児のほかほかうんちでにぎったおにぎりをあおぞらとたいようのしたみんなでにこにこほくほくたべるせかい

母と息子の近親相姦によって成り立ち娘が生贄にされる世界

息子のちんちんを隠蔽する代わりに知的障害児ママたちがパンツ一丁でおっぱい相撲を取る世界

人の形をした肉塊の世界 生殖の禁忌を犯した魔女たちの国


私は知的障害児の姉だ あさましく愚かな母が男児欲しさに欲張って回したガチャの結果

機能不全家族の娘にありがちな、ポニョ、おちんちんだ~いすき!ママ、きらい!だからおとこのこほちいのお~!!ってやつ ありがちすぎてうんざりする 祖母も同じ糞まんこだし モテない娼婦ってみじめすぎわろす


そういうわけで私はセックスの国へのチケットを持たない ブスだし

でも愛のうんちの福祉の国は臭くて汚いから嫌だ

それでもどちらかを選ばなければいけない だけどどちらを選んだとしても後ろ指をさされてしまう だからどちらも選べず独りになった

重度の優柔不断 私には勇気がなかった


 「世間のヘンケンが社会の無理解ガー!!ウチのムチュコタンは天使なのにい!!」と自己陶酔しながら、私には学校と言う社会に適応し世間様に恥ずかしくないようにしろと言った母 本当は誰よりも息子を恥じ隠蔽したがっているのに それを私になすりつけて 自分はヘコヘコ迎合するご近所づきあい 似たような貧乏ママとのつきあい でも向こうは健常息子二人で勝ち組

障害児ママのドラマに養護学校のママたちと集団で酔いしれ私に「大変な母を支える長女」あるいは「悪役」を押し付け自分の書いたシナリオに延々付き合わせる母 

ハハオヤはウチの天使のムチュコタンはエロと無縁の無垢な存在と思いたがる だがいつも風呂の向かいのトイレにこもってドアを開けて私の裸をのぞきに来て興奮してた弟 言葉すら話せないくせに それを おねえちゃんはお年頃だからあ~^^ とゴマカし娘のせいにする母 とうとう私の手をつかんで自分のパンツに入れたり知らないお姉さんの尻を触りに行く弟 私も他の障害者から痴漢されたことがあるし「年頃」なのに養護学校の旅行につき合わされ障害男と同じ風呂に入らされた

どんなことがあっても「愛の障害者福祉」を盾に取られれば必ずこちらが悪者にされてしまう仕組み

それでも人が障害者差別をしているとつらくなる 私が一番差別しているのに 障害者施設建設反対の旗がマンションにあったりして

私は決して差別を辞めることはできない ゴキブリは気持ち悪い 自分がほとんど障害者みたいなものという現実は直視できない


糞の煮詰まった遺伝子を絶やす使命さえ全うすれば親の介護はしなくて良いね
コメント
この記事へのコメント
自分の差別を自覚している分マシ
2018/08/27(月) 06:56:51 | URL | [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/6787-5fe37d98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック