FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
わたしに「社会性」みたいなのを圧力をかけたりして押し付けること。それが、親や教師、あの人たちの仕事、役目だったのだ

では、私の役目は。ああいう人たちとの負けるとわかっている戦いに敗れて愚かにも死んでゆくこと。

何もないのに。理想も野心も。何も。ただ、死ぬのがこわくて、死ぬのをこわがったせいで、死ぬことに、なる。

運命。一番醜く愚かなものという役目。

だからわたしわるくない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/7500-9ec84704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック