FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
やっぱり寝たきりだった 明日から天気は下り坂らしい 愛情ってリボ払いみたいなもの

戻りたいのに戻れない 進みたくないのに進まなきゃいけない そういう感じの進退窮まり方

私は3つしかないやさしさのうち、1つを社会のために支払っている 三分の一を支払っているんだから充分だろうと思う だけど、小学校や中学や高校の担任たちは、もっと協調性を持ったほうがいいとか、人の役に立つことで自信が持てると思う、とか、苦言を呈してくれた それはつまり、普通の子どもなら7つを社会のために支払い、その分7つを返礼されるということなのだ。なのにあなたは1つしか支払わないのに一律7つを貰ってずるいじゃないか、その6つ分は貸しだぞ、借金だ、いつか返さなきゃいけなくなるんだぞ、そう言っていたのだと思う

仕事中スマホをいじってしまって全然仕事が終わらず上司に注意される夢を見たよ それから実家の夢 夢を見るのは久しぶりだ なつかしい

きれいな箱が3つほしい 一つには、職場や実家を入れておく 一つには、この世界、宇宙のすべてを もう一つには、自分を入れておく そうすれば、わたしのいる部屋は安全になる 現実世界の中にわたしが閉じ込められているのはとてもおそろしく苦痛だ ある日気づいてしまった 自分が現実から出られないことに 現実から出てしまえばそれは精神病だ 人間だけでなくモノまでが悪意を持って襲い掛かってくるそうな

人間はおそろしい 「もっと協調性を持ったほうがいいよ」とか、そういう言葉を私にくれて 私はそれをいらないから返そうとするんだけど、向こうには受け取り拒否の権利があるから、私はそれを受け取るしかなくなる

今から進んでも追いつけないし、追いついたとして・・・、「戻りたいし進みたくない」という気持ちをすっかり捨てた気になった連中と、仲良しごっこをしなきゃいけなくなる 人と仲良くするのはしんどい とても 3つしかないやさしさだから さらに3つ借金してこないと、人と仲良しはできない

しんどいよ この現実は 借金だ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/7515-037e6532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック