FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
私はパニック障害になったので弱者に寄り添う文章を書きます、という人が

「30代になったら自分がたいしたことない人間ということが自然と受け入れられるようになったので、10代20代の自意識過剰は卒業して自然と生きやすく人目を気にしなくなって楽になったんです」みたいな話をしていて、

すごくありがちで 自分はもういい年だから、いい年なりの精神年齢なんで、その立場からもの言ってあげますね、っていう

絶望しかない 実年齢と精神年齢が乖離すると、本当の孤独が待っている どんな人間でも、実年齢と精神年齢の乖離した者には嫌悪感を抱くものだ 「正しい人間」「正しい生き方」「楽になれる考え方」みたいなものを推奨する立場の人、こころの専門家みたいな人なら特に 私だってそうだ

本当の孤独はこれからだ。私が「元気(社会生活をきちんと営め自分に迷惑をかけずいずれ役に立ってくれる)」かどうか監視してくれる毒母だって、そう遠くないうちに死ぬ。

本当の孤独が待っている。私は、そこに行くしかない。孤独はおそろしいが、他人の中に取り込まれる努力をするのは、もっとおそろしいだけでなく、つらく苦しく、大変で、ほんとうに、つらくて、苦しくて、つらくってつらくって

頭の中にセブンイレブンのテーマが流れている あのテーマ もう空腹が限界だ・・・ スーパー行こう・・・

マジでゴミが天井まで届きそうになってきた・・・ どこまで成長するんだろ・・・ 汚部屋君 いつも私を守ってくれてありがとう
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/7520-8b72a0d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック