FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
人生がものがたりだと思ってると、「終わりよければすべてよし」という発想になる ハッピーエンドとバッドエンドがあって、バッドエンドを避けるためにがんばるのが人生だと。

昔の人は、良い行いをすれば天国に、悪い行いをすれば地獄に行くと納得させてたが、最近は、晩年が~老後が~報いが~因果応報が~とゲッターズ飯田みたいな人が脅すので、脅かされるのが好きな子どもたちが群がって喜ぶ 紙芝居屋と子どもたちみたいさ

そういう発想から宗教が生まれるが、自分が「ただしい人間」になるために、自分より弱い人を悪者にして叩く 死の恐怖から逃れるためにだれかを悪者にして叩く

統一教会の親が子どもを鞭で叩く 正しい人間になれば天国に行けるという、子ども騙しの紙芝居を大人の自分が無理やり信じ込むためには、子どもを騙すために叩くしかないのだ。

人間は信仰なしで、生きていけるのか。日本人だって無宗教じゃない。世間様や社会様に依存しきった奴隷の集団だ。

人によって線引きの差がある いじめはよくないが動物の肉は食べる 動物は食べないけど植物は食べる 同じヴィーガンでも細かい派閥が十数もあるそうだ。

どこで線を引くか。誰まで犠牲にするのか。被害者に泣き寝入りさせるような社会でいいのか。私はいつまでも泣き寝入りして暮らしていてもいいのか?

そんなことをぐちゃぐちゃかんがえて仕事できなくて人に迷惑かけてたらしょうがないね。ちゃんとしなきゃ(できない)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/7631-6635cf70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック