FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
私は本当にぼっちなせいで悲惨で寂しく不幸な気持ちがあるのか、世間の「ぼっちは悲惨で寂しく不幸」という固定観念にとらわれているのか、よくわからない。

人と会って会話を強いられるのは大変な苦痛だし、一人で本読んだりゲームしてるほうが楽しくて安心で幸せだけど、本読んだりゲームするのが楽しいのは、「ぼっち寂しさ」を埋め合わせる行為だからじゃないのか。

ぼっちなおかげで出産をせずにすんだ。女が拉致され監禁され強姦暴行され殺された挙句被害者が悪いとまで言われることが、まるで普通に起こっているのに、見ないふりされてるような、悪質な男尊女卑、女性蔑視のこの世の中に、女の子も男の子も産まずにすんだ。出産につながる恋愛や結婚に近づかなくてよかった。「男好き同士」でしかつながれない女の友情に近づかずにすんだ。毒家系、クソ遺伝子、母親に愛されない娘の不幸を連鎖させずにすんだ。それはよかったと思う。

だけど、夕暮れ時に街を歩いていて、住宅の明かりを見ていると、もしかしたら、私があの明かりのなかで、まっとうな33歳の女性らしく、女性らしい微笑を浮かべて、女の肉体をそつなく着こなして、自分の家庭を持ち、愛する人と幸せに暮らしている、あの窓の中で。そんなパラレルワールドのことを思ってしまう。

ないのに、そんなの。最初から。こうなるに決まってたんだ・・・。しょうがないんだ。しょうがない。しょうがない。しょうがない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/7795-abda4a53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック