FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
ふつうのひとにとってのふつうが、私にとっては、宝くじ高額当選や白馬の王子様やプロ野球選手や漫画家になるのと同じぐらいの夢物語だ。

ふつうの家庭に生まれること。家族に障害者がいないこと。貧乏でないこと。愛されて育つこと。世話をされること。虐待されないこと。

人と会話ができること。親しくなれること。学校生活に馴染めること。勉強や運動や手作業が人並みにできること。ふつうに仕事ができること。人付き合いができること。集団に溶け込めること。

恋愛や就職や結婚や出産ができること。

それらすべてが宝くじ当選並みの夢物語であること。

こんな絶望を、苦しみを、ふつうの人たちは何も知らずに死んでいく。

こんな絶望を。


だからしょうがないんだ。散財や過食をしたり汚部屋を片付けられなくても。わたしは人よりこんなにがんばってがまんしている。

いつもそうやって自分を慰めて許してしまいまったく生活が改善しないよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/7856-cead5af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック