FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
久々になつかない猫にチキンをやった。スーパーで買い物したら会計777円だった。朝からずっと頭がいたい。

貯金残り10万円。もうあかん。求人誌見て自分がどれだけ働きたくないか改めて思い知ったが、私は奴隷労働しなくても許されるような特権階級の人間じゃない。先祖代々奴隷女性の家系だ。働かなくていいのは男だけ。好き勝手していいのはいつだって男だけで、女は奴隷みたいに自分を犠牲にして尽くさなきゃいけない。そういう宿命だ。

また派遣単発バイトでもしようかと思ったけどいろいつらいこと思い出してしまってやる気なくした、工場とか倉庫とか工場とか倉庫とか工場とか・・・川崎からバスで40分とか・・・ 交通費出ないとか・・・ 男女隣り合った個室仮設トイレに並ぶのとか・・・(工事現場にあるようなやつ)

「好きなことやるのはまず働き始めてから」でしょ。もうやだよ。働きはじめると疲れ切って何もする気なくなるんだよ。はいはいどうせ甘えだよ。

「こんな子育てをするとこんな子になっちゃいますよ」という研究は山ほどあるけど、じゃあすでに子育てに失敗「された」大人はどうしたらいいの?って話は、心屋みたいなクソスピリチュアル似非心理学でしか扱ってない。アドラーみたいなクソ似非心理学でしか扱ってない。何の根拠も解決策も提示されず「ハタチすぎたら自分の責任でしょ!」「すべては自分しだいでしょ!」「人のせいにするな!社会のせいにするな!何かのせいにしてたら幸せになれない!!」とお決まりのフレーズをぶつけられるだけ。「お母さんを大好きにならないと幸せになれない!!」「こじらせ長女を卒業しないと幸せになれない!!」などと、まるで「痩せないとダンナにウワキされるよ!!」と脅すダイエット広告と同じあくどい手口で商売する輩ばっかり。

たとえば、働きたくない!と思えば、脳内の母が「頑固なんだから!」といつもの人格否定をしてくる。何か失敗すれば「あーまた失敗した!恥ずかしい!あんたが恥かくとお母さんが恥ずかしいんだからね!?」と。いつもいつも、脳内の母親に監視され、批判されて、人格否定されて生きてきた。「それはあなた自身が選んだ生き方でしょ」とまただれかに言われるけど、身体に植えつけられた羞恥心、肥大した扁桃体で感じる恐怖心は、自分ではどうにもできないものだった。少なくとも私には。どうすることもできなかった。がんばれなかった。普通になるための努力ができなかった。出会ってきたみんなに迷惑しかかけてこなかった。私は迷惑だった。

せめてアパート空にしないと。粗大ゴミ処分するのが大変すぎる。電ドリどこやったか・・・。粗大ゴミの前に普通のゴミが文字通り山になってるし・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/8631-0df89ca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック