FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
子宮頸がんワクチンの話 副作用の報告が2700件もあるというのに「ワクチン接種が原因かどうか明らかになっていない」。世界保健機構やら日本産婦人科学界とやらがワクチンを受けさせるように未だに推奨していること。「世界から遅れちゃいますよ!」小学6年~高校1年の女子は原則無料で受けられるようにしていたというのもなんだか なんで高3までじゃないの?焦って受けさせるようにするため?

国や自治体が「がんにならないために!」という善意でもって10代少女の子宮にズカズカ入り込んだ結果日本だけこういう結果になるというのがなんだか象徴的な感じがしてしまう。未だに接種自体は中止していないが積極的な推奨だけ中止したとのこと。

実際にワクチンの副作用としか思えない症状が出てる人がこんなにたくさんいるのに、「有識者」みたいな人が、いやワクチンは悪くないでしょ?ワクチンのせいじゃないでしょ?と、何の根拠もない正論もどきを展開するとこが、なんか、この国の「女性の体」「女性の子宮」への扱いを見るようで。「女なんかのちょっとした不調よりも子宮が大事なんだよ!子どもさえ産めりゃあそれでいいだろが!」っていう。「子宮教」にはまる人もそういう世間への反動が出てるんじゃないかと思った。子宮教きもいけど。月経コントロールなんかできるわけねえーだろ体の作り的に。「宿便はがしダイエット」と同じくらいバカバカしいぞ。子宮教の人も、結局はコントロールできない女性の体をコントロール、支配したいという男性的な欲望に取りつかれているように見える。

まだ小学生のうちから勝手に「赤ちゃんのための準備」をはじめて苦痛を強いてくる体。妊娠出産する気もないのに来る苦痛な生理。男性と違って相手を選ぶことのできない体。今生きている女性より、生まれて来もしない子どもを優先する体。

女性は敗北を受け入れて生きるしかないんでしょうね。そして敗北を勝利に変える唯一の方法が結婚出産なんでしょ。だからみんなあんなに子ども産みたがるんでしょ。みじめすぎる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/8763-8498d7e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック