FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
母は「左ききを右利きに矯正させられたこと」が人生の原体験になってるんじゃないだろうか それが母の人生のテーマなんだろう 

私は逆に「左利きは右利きになおさなくたっていい、右利き用にできてる世界のほうがおかしい」と気づく人生なんじゃないだろうか

だからといって、私は無力だ 孤独で居場所がないだけの無能で無価値な粗大ゴミだ 気づいたところで世界は右利きの人しか生きられないようになっている 「特別な才能を持った左利き」にも生まれなかった 「左利きちゃんのあつまり」にも馴染めなかった 右利きの人に気に入られる愛らしさも持ち合わせなかった だからお母さんと同じように、矯正の苦しみをひたすら味わい続けるだけの人生になった

死ぬしかないじゃない きっと自殺することによってこの自分がどうしようもなく無力であるというテーマが完成するんだろう
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/8769-eabd2834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック