FC2ブログ
嘆記
毒破棄場
望む未来はあまりにはかなかった 未来を望んでいられる時間はあまりにはかなかった いつだって選びたくないものの中から選ばなければいけないのだと知らずにいられる時間は 夏と冬の間のように でもなぜか私はあのころが永遠に続くものと思っていたんです 夢が叶わなくてもよかった ただ夢見ていられたら ずっと もう疲れました 現実とおしくらまんじゅうするのは 押されっぱなしの泣かされっぱなし
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://telebit.blog14.fc2.com/tb.php/8910-009ffcc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック